フランス飛行クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aéro-Club de France発行の気球操縦の認定証

フランス飛行クラブフランス語: Aéro-Club de France)は1898年に設立された世界最古の航空クラブであり、1905年に設立された国際航空連盟: Fédération Aéronautique Internationale, FAI)の設立メンバーである。

発足当時はフランスにおける航空規則を制定した。航空におけるいくつかの「最初」の記録、たとえば最初の1kmの飛行やヘリコプターの飛行を認定した。

また次のような賞や飛行競技会を設けた。

  • 1901年からの飛行船による飛行への懸賞:ドゥッシュ賞(Prix Deutsch de la Meurthe)
  • 1906年からの気球によるレース:Gordon Bennett Cup

クラブの機関誌として 'The Aérophile'を発行した。1997年から 'Aérofrance'と改名された。

1945年からは航空規則の制定の機能は他の機関にゆずり、航空の普及活動だけを行っている。

[編集]

フランス飛行クラブは航空の進歩に貢献した人物にGrande Médaille de l'Aéro-Club de France を送っている。受賞者は以下である。

外部リンク[編集]