フランス革命期の衛星共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス革命期の衛星共和国(フランスかくめいきのえいせいきょうわこく)では、18世紀末から19世紀初頭にかけてのフランス革命戦争及びナポレオン戦争の過程で、フランス軍によって占領された地域に建国された共和国について述べる。当時のフランス人はこれらの国々を姉妹共和国(しまいきょうわこく、république sœur)と呼んだ。

概要[編集]

フランス革命期の衛星共和国は北イタリアなどの地域において数多く建国された。それまでの君主制に替わり、自由平等、聖俗の貴族等の特権階級の廃止といったフランス革命の理念が導入され、一定の支持を受けた。だが軍事外交の面ではフランス共和国に依存する衛星国であり、実質的には、フランスによる戦争遂行のための兵站基地として扱われた。

フランス第一帝政期には、これらの衛星共和国の大部分はフランス帝国に併合されるかイタリア王国に集約され消滅した。ナポレオン戦争終結後のウィーン会議の結果、衛星共和国が建国された地域はブルボン家ハプスブルク家の支配下に復帰した。だが共和制の下で育まれたnationalisme、即ち民族主義あるいは国民主義は、のちの1848年革命へと結実してゆくこととなった。

イタリアに存在した衛星共和国[編集]

1796年の北イタリア
1803年の北イタリア

その他の地域に存在した衛星共和国[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 本池立(著), 『ナポレオン―革命と戦争』, 世界書院, 1993/1, ISBN 4-7927-2111-3