フランス国鉄TGV POS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス国鉄TGV POS
TGV POS第4413編成(2007年8月、パリ東駅)
TGV POS第4413編成(2007年8月、パリ東駅)
編成 10両編成
M(動力車)+ 8T(客車) + M(動力車)
営業最高速度 320 km/h
起動加速度 1.76 km/h/s
編成定員 361人
(一等車111人、二等車250人)
編成長 200,190mm
全長 客車18,700 mm
全幅 2,904 mm
全高 客車3,420 mm
編成質量 自重 383t
満車 415t
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
交流15,000V 16 2/3Hz
直流1,500V
架空電車線方式
編成出力 交流25,000V区間 9,280kW
交流15,000V区間 6,880kW
直流1,500V区間 6,880kW
主電動機 三相誘導電動機
主電動機出力 交流25,000V区間 1,160kW
駆動装置 トリポード可撓継手
制御装置 VVVFインバータ制御
IGBT素子
制動方式 電磁自動空気ブレーキ発電ブレーキ
回生ブレーキ電磁吸着ブレーキ
保安装置 ETCS Level2
製造メーカー アルストム

フランス国鉄TGV POS (: SNCF TGV POS) は、フランス国鉄 (SNCF) の高速鉄道車両である。LGV東ヨーロッパ線からドイツ鉄道 (DB) ・スイス連邦鉄道(スイス国鉄)方面への直通国際列車の運行を目的に開発され、2006年から2007年にかけて導入された。

POSとはドイツ語Paris-Ostfrankreich-Süddeutschlandパリフランス東部・ドイツ南部)の頭文字に由来する。

編成概要[編集]

POS編成(384000形)は両端2両の動力車と中間8両の連接客車の計10両で組成される。編成長は200.190m、車体幅は2,904mm、空車時の編成重量は383t、最高速度は320km/hである。SNCFの電化方式である交流25,000V 50Hz直流1,500Vと、DB・スイス国鉄の電化方式である交流15,000V 16 2/3Hzの3電源に対応する。

動力車の形状はDuplex編成と同一の流線型で、運転台は車体中央に配置されている。ただし構体は鋼製からアルミ合金製に変更された。

動力車の制御方式はAtlantique編成以降で実績のあるVVVFインバータ制御であるが、制御装置の使用素子GTOサイリスタに代わり、IGBTとされた。主電動機についても同期電動機から、ユーロスター向けに開発されたTMST(Class 373)編成と同様の三相誘導電動機に変更されている。交流25,000V区間における主電動機1基あたりの出力は1,160kW、編成出力は9,280kWである。

ところで、従来のTGVではSud-Est編成の一部とThalys PBKA編成がDB・スイス国鉄の交流15,000V 16 2/3Hz区間に対応していた。交流電化においては電源周波数により車両に搭載する変圧器のサイズや容量が左右される。商用電源周波数の50Hzでは比較的小型軽量で所定の性能が発揮できるのに対し、16 2/3Hzで50Hzと同等の性能を発揮するためには変圧器を大型にする必要があり、重量も増加する。そのためSud-Est編成もPBKA編成も電源周波数50Hzを前提とした変圧器を搭載し、交流15,000V 16 2/3Hz区間での出力はSud-Est編成が2,800kW(25,000V 50Hz区間 6,450kW)、PBKA編成は5,160kW(25,000V 50Hz区間 8,800kW)にとどまっていた。

Thalys International社ではケルン-ライン=マイン高速線の開業時にケルン中央駅止まりの列車をフランクフルト中央駅まで延長する構想を持っていたが、PBKA編成の出力5,160kWではケルン-ライン=マイン高速線に存在する40上り勾配での均衡速度は160km/h程度でありDBが要求する走行条件を満たせず、結局実現することはなかった。

POS編成ではIGBT素子の採用で制御装置の軽量小型化が図られた分、変圧器容量をある程度増強することが可能となった。この結果、交流区間15,000V 16 2/3Hz区間での出力は25,000V区間の75%の6,880kWまでに増強され、40‰上り勾配の均衡速度は200km/h以上となり、ケルン-ライン=マイン高速線のような急勾配が介在するDBの高速鉄道路線におけるTGVの走行も目途が立つことになった。

なお、2007年以降に落成したDuplex編成の動力車についても、2電源対応である点を除いてPOS編成と同一仕様の「TGV Duplex Dasye」とされている。

ブレーキシステムは従来車の発電ブレーキ電磁自動空気ブレーキに加えて回生ブレーキも追加されている。動力車の基礎ブレーキ装置は踏面ブレーキのみ、客車は踏面ブレーキ・ディスクブレーキがそれぞれ装備されている。動力車には渦電流式レールブレーキも装備されている。

保安装置ETCS Level2を搭載し、SNCF・DB・スイス国鉄で採用されている既存の保安システムにも対応する。

客車は2電源対応Réseau編成からクリスチャン・ラクロワ (Christian Lacroix) デザインによる内装改修を施した上で転用された。一等車 (Première classe) 3両、二等車 (Seconde classe) 4両、二等座席とバーの合造車1両で構成される。

LGV東ヨーロッパ線系統の列車は既存のLGV南東線LGV大西洋線LGV北線と比較すると沿線人口が少ないため輸送需要も少ないと開業前に予測され、Duplex編成のようなダブルデッカーは不要と判断されたためである。また、SNCFではTGVの客車新製はDuplex編成のみとする方針であることから、Réseau編成から平屋構造の客車を捻出してPOS編成を組成した。旧Réseau編成の動力車は新製されたダブルデッカー客車と組成され、「TGV Réseau Duplex」とされた。

運用・2009年時点の状況[編集]

POS編成はパリ東駅からLGV東ヨーロッパ線を経由してドイツ鉄道のシュトゥットガルトミュンヘン方面に直通するAlleo、パリ・リヨン駅からLGV南東線LGVライン-ローヌ線を経由してスイス国鉄のバーゼルチューリッヒ方面に直通するLyriaを主体に運用されている。

LGV東ヨーロッパ線は2007年6月10日に開業したが、この時点では4本が営業運転に充当された。所定の19本が揃ったのは2008年に入ってからである。

2009年5月時点では、編成番号4401 - 4419の19本が在籍し、全編成がパリ東郊のパンタンに立地する東ヨーロッパ車両基地 (Technicentre Est Européen) に配置されている。このうち第4406編成はスイス国鉄に貸出されており、動力車にはSNCFのロゴに代わりスイス国鉄のロゴが貼付されている。

編成番号と客車の転用元編成を以下に示す。

編成番号 動力車の車両番号 客車転用元Réseau編成番号 備考
4401 384001/384002 515
4402 384003/384004 530 動力車は2007年4月3日に574.8km/h達成
4403 384005/384006 516
4404 384007/384008 517
4405 384009/384010 519
4406 384011/384012 520 スイス国鉄に貸出
4407 384013/384014 522
4408 384015/384016 526
4409 384017/384018 532
4410 384019/384020 524
4411 384021/384022 525
4412 384023/384024 521
4413 384025/384026 527
4414 384027/384028 528
4415 384029/384030 529
4416 384031/384032 518
4417 384033/384034 523
4418 384035/384036 531
4419 384037/384038 533

鉄輪式世界最高速度の記録[編集]

鉄輪式世界最高速度樹立に挑む第4402特別編成
営業列車に運用される第4402編成(2007年6月、パリ東駅)

第4402編成は、東ヨーロッパ線開業前にSNCF・アルストムフランス鉄道線路事業公社 (RFF) の三者による「V150プロジェクト」として特別編成を組成し、2007年1月15日から開始された試験運行で同年4月3日に鉄輪式における世界最高速度574.8km/hを樹立した[1]。「V150」とは秒速150m = 時速540kmを意味する。

第4402特別編成は両端2両の動力車384003・384004号と中間3両のDuplex編成用客車の5両で組成された。車輪直径は通常の920mmから1,080mmに拡大され、客車の台車4台のうち2台に、AGVプロトタイプで採用する出力1,000kWの永久磁石同期電動機を4基装備し、動力車に装着されている誘導電動機も通常の1,160kWから1,950kWに増強された。この結果、編成出力は通常のPOS編成の約2倍の19,600kW、パワーウェイトレシオは73kW/tと小型自動車に匹敵する数値となった。編成長は106m、空車時重量は268tである。

試験運行では、使用しない先頭動力車のパンタグラフと前面窓の一部がカバーで覆われ、客車3両の連結面間には全周幌を設置、屋根上部と車体底面についても流線型にすることで平滑化される等空力を重視した改造が行われ、走行抵抗を15%減少させている。加えて動力車には600個以上のセンサが設置された。

試験運行に際しては500km/h以上の速度域での最大電流を確保するために架線電圧は31,000Vに、架線張力も通常の20kNから40kNに強化され、分岐器の固定と、バラストの強化など最高速度記録挑戦に向け万全の体制が取られた。

そして当日は試験運行および新記録達成の模様がテレビで生中継された。小型ジェット機を飛行させ、上空から走行する特別編成を追跡する実況中継も実施された。

最高速度は13時16分にLGV東ヨーロッパ線の191km地点、ムーズ=TGV駅 - シャンパーニュ=アルデンヌ=TGV駅間で記録された。

試験終了後の5月に先頭車と次位の客車がパリ7区エッフェル塔近くのセーヌ川畔で展示された。その後、中間車は主電動機を撤去した上でDuplex編成に組成され、動力車は当時の車体塗装を残したまま、世界最高速度記録達成記念のレタリングを施し本来の仕様に復元された後にRéseau編成から捻出された客車と組成され、営業運転に使用されている。2013年に車体外装がTGV Lyria仕様の塗色に変更されたが、当該車両が世界最高速度を記録した車両であることを示すレタリングが施されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先立つ2007年2月14日には1990年5月18日にAtlantique第325特別編成がLGV大西洋線で樹立した鉄輪式世界最高速度記録515.3km/hを上回る554.3km/hを記録した。続いて2月20日には559.4km/h、3月29日は568.4km/hを記録したが、いずれも非公式記録である。

参考文献[編集]

  • 佐藤芳彦『図解TGV VS. 新幹線』 講談社、2008年
  • 佐藤芳彦「世界の高速鉄道 フランスTGV その2」『鉄道ファン』2007年9月号(通巻557号)、交友社、pp132 - 135
  • 佐藤芳彦「フランスの速度記録574km/hの意義」 『鉄道ジャーナル』2007年7月号(通巻489号)、鉄道ジャーナル社、pp108 - 109
  • Olivier Constant 「フランスTGV スピード世界記録574.8km/h樹立!」『鉄道ファン』2007年7月号(通巻555号)、交友社、pp130 - 131