フランシス・A・ニクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Francis A. Nixon
生誕 Francis Anthony Nixon
 アメリカオハイオ州ビントン郡 
死没 1878年12月3日(満-78歳没)
宗教 クエーカー (本来はメソジスト)

フランシス・A・ニクソン(Francis Anthony "Frank" Nixon 1878年12月3日 - 1956年9月4日)は元アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの父。

経歴[編集]

オハイオ州フェアフィールド郡生まれのサラ・アン(旧姓ワズワース)とペンシルベニア州ワシントン郡生まれのサミュエル・ブレイディ・ニクソン[1] の息子としてオハイオ州ビントン郡で生まれた。なるまでコロンバス路面電車の運転士として働き凍傷になった後、1900年ころにカリフォルニア州に引っ越した。農場労働者や石油労働者、ロサンゼルス郊外レモン栽培などに従事した。ニクソン家の祖先には、ペンシルベニア植民地のクエーカー教徒が含まれていた。彼自身はメソジストであったが、1908年6月25日にハンナ・ミルハウス・ニクソンと結婚し、クエーカーとなった。

仕事[編集]

リチャードが生まれた後、レモン果樹園を放棄し、家族はウィッティアのクエーカーコミュニティに引っ越した。グロサリーアトランティック・リッチフィールド英語版ガソリン販売を行い始めたが、家族は貧しいままであった。彼の人生は結核により2人の息子アーサーとハロルドが死ぬことにより変化した。"restless, frustrated, and angry man, a mean-spirited person who Psychological abuse his five sons and sometimes Child abuse them."と記述されている。しかし、リチャードはいつも両親を褒め称え、母を愛情を込めて"Quaker saint,"と言い、"I was born in a house my father built."という言葉で回顧録を始めた。従兄弟のジェサミン・ウェスト (作家)英語版はしばらくの間教会学校の同級生だった。彼女は後に彼を"a fiery persuasive teacher,"と形容し、社会主義へ傾倒し、社会的福音のニクソン版を書いた。[2]

家族[編集]

1908年6月25日にハンナ・ミルハウスと結婚し、5人の息子がいた。

映画[編集]

オリバー・ストーン監督の映画ニクソンではトム・バウアー英語版が演じた。

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.genealogy.com/famousfolks/richardn/index.html
  2. ^ West, Jessamyn. Double Discovery: A Journey New York: Harcourt Brace Jovanovich, 1980; p. 125.

外部リンク[編集]