フランシス・ボウズ・セイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ボウズ・セイアー

フランシス・ボウズ・セイアー(Francis Bowes Sayre, 1885年4月30日 - 1972年3月29日)は、アメリカ合衆国の政治家。

生涯[編集]

1885年4月30日、セイアーはペンシルベニア州サウスベスレヘムにおいて、鉄道技師ロバート・ヒーシャム・セイアー (Robert Heysham Sayre, 1824-1907) の息子として誕生した。

セイアーは1909年ウィリアムズ大学を卒業し、1912年ハーバード大学法科大学院で法学の学位を取得した。セイアーは1912年ニューファウンドランドラブラドルに渡り、ウィルフレッド・グレンフェルの医療活動を補佐した。1913年、セイアーはニューヨークの地方検事補となった。

1914年、セイアーはウィリアムズ大学の学長補佐に就任した。1916年、セイアーはカーネギー国際平和基金の出資を得てウィリアムズ大学で国際法の課程を創設した。セイアーはウィリアムズ大学で1918年まで国際法の教職を務めた。1917年6月、セイアーはウィリアムズ大学を離れた。セイアーはフランスキリスト教青年会にわずかな期間参加した後、ハーバード大学法科大学院での教職を受理した。セイアーは国際法、海事法、刑法、労働法を担当し、1934年まで教職を務めた。

1933年11月17日、セイアーはフランクリン・ルーズベルト大統領から国務次官補に任命された。セイアーは同年11月27日に着任し、1939年8月7日まで国務次官補を務めた。セイアーは1939年から1942年までフィリピン高等弁務官を務めた。

1972年3月29日、セイアーはワシントンD.C.において死去した。

家族[編集]

1913年、セイアーはウッドロウ・ウィルソン大統領の娘のジェシー・ウッドロウ・ウィルソン (Jessie Woodrow Wilson, 1887-1933) と結婚した。2人は同年11月ホワイトハウスで挙式を行った。2人の間にはフランシス・セイアー (Francis Sayer, 1915-)、エレノア・セイアー (Eleanor Sayre, 1916-)、ウッドロウ・ウィルソン・セイアー (Woodrow Wilson Sayre, 1919-) が生まれた。セイアーは1837年にエリザベス・エヴァンズ・グレイヴス (Elizabeth Evans Graves) と再婚した。

参考文献[編集]

  • Who Was Who in America, v. 5 (1969-1973), Chicago:Marquis, 1973, p. 636. ISBN 0-8379-0205-3
公職
先代:
ポール・マクナット
フィリピン高等弁務官
1939年 - 1942年
次代:
ポール・マクナット