フランシス・ペティジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ペティジョン
人物情報
生誕 1904年6月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州
死没 1999年4月23日(満94歳没)
出身校 ミネソタ大学
学問
研究分野 地質学堆積学
研究機関 シカゴ大学
ジョン・ホプキンス大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1974年)
テンプレートを表示

フランシス・ペティジョン(Francis John Pettijohn、1904年6月20日 - 1999年4月23日)はアメリカ合衆国地質学者。特に堆積学の分野に貢献した。

ウィスコンシン州ウォーターフォード英語版に生まれ、ミネソタ大学で学んだ。1929年にシカゴ大学助手となり、後に地質学教授となった。1952年にジョンズ・ホプキンス大学の教授となった。著書に『堆積岩』(Sedimentary Rocks: 1949年)などがある。

受賞歴[編集]

Francis J. Pettijohn Medal[編集]

堆積地質学会 (SEPM) はフランシス・ペティジョンを記念して Francis J. Pettijohn Medal を創設した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]