フランシス・ビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランシス・ビア(Francis A. Beer, 1939年2月5日 - )は、アメリカ合衆国政治学者コロラド大学ボルダー校政治学部教授。

ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学を卒業、カリフォルニア大学バークレー校で修士号及び博士号を取得。特に近年、国際関係におけるメタファーの役割に関心を向けている。

著作[編集]

単著[編集]

  • Integration and Disintegration in NATO: Processes of Alliance Cohesion and Prospects for Atlantic Community, (Ohio State University Press, 1969).
  • The Political Economy of Alliances: Benefits, Costs, and Institutions in NATO, (Sage, 1972).
  • How Much War in History: Definitions, Estimates, Extrapolations and Trends, (Sage, 1975).
  • Peace Against War: The Ecology of International Violence, (W.H. Freeman, 1981).
  • Meanings of War and Peace, (Texas A&M University Press, 2001).

編著[編集]

  • Alliances: Latent War Communities in the Contemporary World, (Holt, Rinehart, Winston, 1970).

共編著[編集]

  • Post-Realism: The Rhetorical Turn in International Relations, co-edited with Robert Hariman, (Michigan State University Press, 1996).
  • Metaphorical World Politics, co-edited with Christ'l de Landtsheer (Michigan State University Press, 2004).