フランシス・バーナード (法律家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランシス・バーナード(Francis Bernard、SL1663年1731年6月30日[1] は、アイルランド王国の法律家、政治家。

キャッスル・マホンのフランシス・バーナードの息子として生まれた[2]。バーナードはアイルランド議会の下院議員 (MP) となった。彼は1692年から1695年の間クロナキルティ英語版[1]の代表、続いて1695年から1727年の間バンドンブリッジ英語版の代表を務めた[1]。1711年にアイルランド弁護士総長英語版に指名されて[3]1714年まで務め、1724年にサージェント・アット・ロウ英語版となった[3]。2年後にはアイルランド民訴裁判所英語版裁判官となった[4]

1693年、スティーヴン・ラドローの娘アリスと結婚した[5]

1人の娘と数人の息子を儲け[5]、曾孫のフランシスは初代バンドン伯爵となった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Leigh Rayment - Irish House of Commons 1692-1800”. 2009年3月28日閲覧。
  2. ^ ThePeerage - Francis Bernard”. 2009年3月28日閲覧。[要高次出典]
  3. ^ a b Burke, John (1832). A Genealogical and Heraldic History of the Peerage and Baronetage of the British Empire. vol. I (4th ed.). London: Henry Colburn and Richard Bentley. pp. 74. 
  4. ^ Haydn, Joseph (1851). The Book of Dignities: Containing Rolls of the Official Personal of the British Empire. London: Longman, Brown, Green and Longman's. pp. 455. 
  5. ^ a b Lodge, Edmund (1838). The Genealogy of the Existing British Peerage (6th ed.). London: Saunder and Otley. pp. 37. 
  6. ^ ThePeerage - James Bernard”. 2009年3月28日閲覧。[要高次出典]