フランシス・タバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・タバーン
ブロード・ストリートに面したフランシス・タバーンの南側
所在地: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州、ニューヨーク郡、54 パール・ストリート
座標: 北緯40度42分12秒 西経74度0分41秒 / 北緯40.70333度 西経74.01139度 / 40.70333; -74.01139座標: 北緯40度42分12秒 西経74度0分41秒 / 北緯40.70333度 西経74.01139度 / 40.70333; -74.01139
建設: 1719
建築様式: ジョージ王朝風建築
運営者: 私有
NRHP登録番号: 08000140[1]
指定・解除日
NRHP指定日: 2008年3月6日
NYCL指定日: 1965年11月23日
フランシス・タバーン・ブロック
ブロード・ストリートとパール・ストリートに面したフランシス・タバーンの南西側
所在地: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州、ニューヨーク郡、パール・ストリートコエンティーズ・スリップ、ウォーター・ストリート、ブロード・ストリートに囲まれる
建設: 多数
建築家: 多数
建築様式: 多数
運営者: 私有
NRHP登録番号: 06000713[2]
指定・解除日
NRHP指定日: 1977年4月28日
NYCHD指定日: 1978年11月14日[3]

フランシス・タバーン英語: Fraunces Tavern)は、アメリカ独立戦争前、戦争中に大きな役割を果たした建物を再建したもので、タバーンレストラン及び博物館が収容されている。建物は54 パール・ストリートブロード・ストリートの角に位置しており、1904年以来、ニューヨークの「アメリカ独立戦争の息子達」が所有している。この団体は、建物がマンハッタンの現存する建築物では最も古いと主張している[4]。建物は、観光地で、アメリカン・ウィスキー・トレイル及びニューヨーク・フリーダム・トレイルの一部である[5][6]

独立戦争以前[編集]

ニューヨーク市長ステファヌス・ヴァン・コートラントは、1671年にこの土地に家を建てたが、ハドソン川の彼の領地に退き、フランスのユグノーであるヴァン・コートラントの娘、アンと結婚した彼の義理の息子、エティエンヌ・ステファン・ディランシーに、1700年、財産を譲った。ディランシー家は、ニューヨーク植民地の指導者であったリビングストン家と対立していた。

ディランシーは1719年、家として現在の建物を建造した。建築で使用された小さな黄色いレンガは、質がよいとニューヨーク州で高評価だった、オランダ共和国と、大きな邸宅から運ばれた[7]。彼の相続人は1762年に、クイーンズ・ヘッドという名の酒場に家を改造し、サミュエル・フランシスに建物を売った。

独立戦争前、建物は、自由の息子達の会場の1つであった。1765年の茶危機中、パトリオットは、ニューヨークへを運び込もうとした英国海軍船長が、建物で公に謝罪するように強要した[要出典]。その後、ボストン茶会事件のようにアメリカ・インディアンに変装したパトリオットは、ニューヨーク湾へ船の茶の積み荷を投げ捨てた。

1768年には、ニューヨーク商業会館が建物で行われた会により設立された[8]

アメリカ独立戦争[編集]

1775年8月、アメリカ人はマンハッタンの南端にある砲台大砲を手に入れ、イギリスの戦列艦エイジャに向けて発砲した。これに対し、エイジャは32門の砲でこれに応戦し、砲弾はこの建物の上を通過した。

戦争にほとんど勝利したとき、建物は、「アメリカの財産」(英国人によって解放された元奴隷の意味)を持たないことが保証され、英国の部隊と出発することが認められた「イギリス人=アメリカ人審問委員会」の会場となった。委員会のメンバーは、毎週水曜日に、1783年4月から11月までに解放された奴隷からの証拠や証言を再調査した。また、英国の代表は、ニューヨークのロイヤリストの自由の維持を保証することにも成功した[9]

ワシントンの軍人への別れ[編集]

ワシントンの軍人への別れ
アロンゾ・チャペルによる後の版画
場所 ニューヨーク
日付 1783年12月04日 (1783-12-04)

英国軍が軍隊をニューヨークから撤退させた後、タバーンは1783年12月4日にロング・ルームで米国の士官のために「タートル祝宴」を主催した。ジョージ・ワシントンは、大陸軍の士官に別れを告げ、「心が愛と感謝でいっぱいのまま、私はあなたの許可をとる。私は、あなたの今後が、今までの壮麗で、尊敬すべき人生と同じくらい成功し、幸福になることを望んでいる」と発言した[10][11][12]

連合会議[編集]

国が連合規約の下で苦闘していたとき、建物は連合会議のいくつかの職場を収容していた。アメリカ合衆国憲法の制定や1789年のワシントン大統領就任式で、国務省財務省陸軍省の職場を建物に置いた。米国の首都が1790年12月6日にニューヨークからフィラデルフィアに移転した際、建物内の職場が明け渡された。

損害、再建と歴史建造物[編集]

火事[編集]

建物は19世紀の多くで使用されていたが、1832年を最初に何度か大火災に遭っている。そのため、建物は数回再建され、外観はもともとの設計が分からない程までに変更された。建物は1800年代初頭、マルヴィナ・ケテルタスによって所有された。エルンスト・ビュアメイヤーとその家族は、1845年に財産の一部を賃貸し、1860年までこの場所でブロード・ストリート・ハウスと呼ばれたホテルが営まれた[13]。1852年の大火災の後、タバーンに2階が建て増しされ、合わせて5階建てとなった。1890年には酒場が大衆向けのレベルまで低下し、一階の外観が改装されて、そのもともとの材木は記念品として売られた。

建物は、駐車場として利用しようと考える所有者により、1900年に解体の危機にあった。多くの組織(特にアメリカ独立戦争の娘達)が建物の保存のために働きかけ、収用権を利用して、公園として建物を指定するようニューヨーク政府に説得した。1904年、アメリカ独立戦争中にジョージ・ワシントンの情報長官だったベンジャミン・トールマッジの孫、フレデリック・サミュエル・トールマッジ(トールマッジの飾り板が建物にある)の遺言により残されたものを主とした資金で、ニューヨークのアメリカ独立戦争の息子達が建物を獲得したとき、指示は無効となった。広範囲な改築は、1907年に保存建築士ウィリアム・マースロウの指揮下で終了した[14]

建物は、団体が2002年にミズーリ州インディペンデンスに移転するまで、アメリカ独立戦争の息子達によって利用されていた。その博物館では、組織の歴史についてのマッケンティー「アメリカ独立戦争の息子達」を含む、独立戦争に関した芸術作品のギャラリーを維持している[15]

歴史家ランドール・ガブリエランは、2000年に「マースロウはフランシス・タバーンの改築がもともとの設計と同じようだと主張しているが、これは彼の時代には論争の的となっていた。上階の撤去についての議論は行われなかった。これは建物が商業用途で使われていた19世紀に付け加えられたと知られているが、寄棟屋根が疑問となっていた。彼はニューヨーク州ヨンカーズフィリップス・マナー・ホールを使用し、隣接した建物のレンガを辿って、もともとの建築に従うように設計したと主張した」と書いている[16]

建築家ノーベル・ホワイトとエリオット・ウィレンスキーは、2000年に建物は「非常に推測のみの改築で、再建ではない。その時代の典型的な建築で、残る壁の一部や当て推量が多い」と書いている[17]

爆弾事件[編集]

1975年1月24日、建物で爆弾が爆発し、4人が死亡、50人が負傷した。プエルトリコの国家主義者グループFALNは、義務を主張し、ニューヨークの他の爆弾を爆発させていたが、この爆発では誰も起訴されなかった[要出典]

歴史建造物[編集]

建物は、1965年にニューヨーク市歴史建造物保存委員会によって歴史建造物に指定された。また、1978年11月14日には、パール・ストリート、ウォーター・ストリート、ブロード・ストリート、コエンティーズ・スリップに囲まれたブロックも加わった[3]。建物のブロックは、1977年4月28日に[2]国立公園局によって、国家歴史登録財に指定され、2008年3月6日には建物も含まれた[1]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “Fraunces Tavern”. NPS.gov (Washington: National Register of Historic Places). (2008年3月6日). http://nrhp.focus.nps.gov/ 2009年9月23日閲覧。 
  2. ^ a b “Fraunces Tavern Block”. NPS.gov (Washington: National Register of Historic Places). (1977年4月28日). http://nrhp.focus.nps.gov/natregsearchresult.do?fullresult=true&recordid=1 2009年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b “Fraunces Tavern Block Historic District”. NYC.gov (New York: New York City Landmarks Preservation Commission). (2005年8月1日). http://www.nyc.gov/html/lpc/downloads/pdf/maps/fraunces_tavern.pdf 2009年9月23日閲覧。 
  4. ^ “Founders of Sons Saved Fraunces Tavern”. SonsOfTheRevolution.org (New York: Sons of the Revolution in the State of New York Inc.). (Unknown). http://www.sonsoftherevolution.org/sotr_frauncestavern.html 2009年10月22日閲覧。 
  5. ^ “The Happy Hour Guys at Fraunces Tavern”. YouTube.com (San Bruno, Calif.: YouTube LLC). (2008年2月7日). http://www.youtube.com/watch?v=7VyXYuFhcjw 2009年9月15日閲覧。 
  6. ^ “Fraunces Tavern: Hangout of Sons Of Liberty; Hosted Washington, Several Cabinet Departments”. NYFreedom.com (New York: Eric Kramer and Carol Sletten). (Unknown). http://www.nyfreedom.com/Frauncestavern.htm 2009年10月22日閲覧。 
  7. ^ “Old buildings of New York City: With some notes regarding their origin and occupants”. New York: Brentano's. (1907年). http://books.google.com/books?id=ygpuQAAACAAJ&dq=Old+Buildings+of+New+York+City&ei=N9m6SoaZNKKUzgTFmqHVCw 2009年9月23日閲覧。 
  8. ^ Wikisource-logo.svg Fraunces' Tavern”. Encyclopedia Americana. (1920). 
  9. ^ “Rough Crossing: The Slaves, the British, and the American Revolution”. London: BBC Books. (2005年8月9日). http://www.bbcshop.com/invt/9780563487098&bklist= 2009年10月21日閲覧。 
  10. ^ “Why Washington Wept”. The New York Sun (New York: TWO SL LLC). (2007年12月4日). http://www.nysun.com/opinion/why-washington-wept/67471 2009年12月29日閲覧。 
  11. ^ “Sneek Peek at 2008”. Fraunces Tavern Museum (New York: Sons of the Revolution in the State of New York Inc.). (Unknown). http://www.frauncestavernmuseum.org/sneek_peak_2008.html 2009年12月29日閲覧。 
  12. ^ “Liberty's Kids, episode 38 "The Man Who Wouldn't Be King"”. YouTube.com (San Bruno, Calif.: YouTube LLC). (2009年12月26日). http://www.youtube.com/watch?v=UHY1kDirTx4 2009年12月29日閲覧。 
  13. ^ http://www3.telus.net/modfos/Bios/Fraunces%20Tavern.htm
  14. ^ “Fraunces Tavern”. NYC-Architecture.com (New York: Tom Fletcher). (Unknown). http://www.nyc-architecture.com/LM/LM020-FRAUNCESTAVERN.htm 2009年9月11日閲覧。 
  15. ^ “Fraunces Tavern”. YouTube.com (San Bruno, Calif.: YouTube LLC). (2009年11月2日). http://www.youtube.com/watch?v=qiJQswBBD_s 2009年12月6日閲覧。 
  16. ^ “New York City's Financial District in Vintage Postcards”. Mount Pleasant, S.C.: Arcadia Publishing. (2000年5月23日). http://www.arcadiapublishing.com/book/9780738500683 2009年10月21日閲覧。 
  17. ^ “AIA Guide to New York City, Fourth Ed.”. New York: Random House Inc. (2000年6月27日). http://www.randomhouse.com/catalog/display.pperl?isbn=9780812931075 2009年10月21日閲覧。 

外部リンク[編集]