フランシス・ザ・ミュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ザ・ミュート
マーズ・ヴォルタスタジオ・アルバム
リリース 2005年2月7日日本の旗[1]
2005年3月1日アメリカ合衆国の旗
録音 2004年1 - 8月
オーストラリア バイロン・ベイ 373 Ewingsdale
カリフォルニア州ヴァン・ナイズ 6540 Matilija
カリフォルニア州バーバンク 291 South Lake Street
カリフォルニア州ロサンゼルス3400 Eagle Rock Blvd
プエルトリコ サン・フアン 453 Mario Julia Industrial Park
カリフォルニア州ノース・ハリウッド 5161 North Cartwright Ave
カリフォルニア州ロサンゼルス 3222 Los Feliz Blvd
ニューヨーク州ニューヨーク 441 West 53rd Street
ジャンル プログレッシブ・ロック、エクスペリメンタル・ロック、ポストロック、ラテン・ロック
時間 76分57秒
レーベル Gold Standard Laboratories
ユニバーサルミュージック
プロデュース オマー・ロドリゲス・ロペス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(ノルウェー[2]
  • 4位(アメリカ[3]
  • 9位(オーストラリア[4]
  • 12位(スウェーデン[5]
  • 13位(ベルギー・フランデレン地域[6]
  • 14位(フィンランド[7]
  • 21位(ニュージーランド[8]
  • 23位(イギリス[9]、ドイツ[10]
  • 30位(日本[1]
  • 34位(オランダ[11]
  • 43位(オーストリア[12]
  • 70位(ベルギー・ワロン地域[13]
  • 71位(フランス[14]
  • 80位(スペイン[15]
  • 81位(スイス[16]
マーズ・ヴォルタ 年表
ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム
(2003年)
フランシス・ザ・ミュート
(2005年)
スキャブデイツ
(2005年)
テンプレートを表示

フランシス・ザ・ミュート』(Frances the Mute)は、アメリカ合衆国バンドマーズ・ヴォルタ2005年に発表した2作目のスタジオ・アルバム。日本で先行発売された[17]

背景[編集]

2004年1月に日本とオーストラリアでツアーを行ったマーズ・ヴォルタは、オーストラリアで本作のレコーディングを開始した[18]。そして、2004年8月までレコーディングが続けられ、プエルトリコではカエルの鳴き声も録音された[18]

本作よりホアン・アルデレッテがベーシストとして加入。前作『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』(2003年)でベースを弾いたフリーは、今回は「ザ・ウィドウ」と「ミランダ・ザット・ゴースト・ジャスト・イズント・ホーリー・エニィモア」でトランペットを担当した[19]。また、「ラ・ヴィア・ラ・ヴィアケス」ではジョン・フルシアンテがギター・ソロを弾いた[19]。「カッサンドラ・ジェミニイ」はCDでは8トラックに分けて収録されたが、CDの裏ジャケットでは5部構成の曲として記載されている[19]

反響[編集]

アメリカのBillboard 200では4位に達し、バンド初のトップ10入りを果たして[3]、2009年10月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[20]。また、本作からのシングル「ザ・ウィドウ」はBillboard Hot 100で95位、『ビルボード』のモダン・ロック・チャートで7位、メインストリーム・ロック・チャートで25位に達した[3]

ノルウェーのアルバム・チャートでは初登場1位を記録し、3週連続でトップ10入りした[2]

収録曲[編集]

全曲ともオマー・ロドリゲス・ロペスとセドリック・ビクスラー・ザヴァラの共作。

  1. キュクノス…ヴィスムンド・キュクノス - "Cygnus....Vismund Cygnus" - 13:02
    • A. サーコファガイ - "Sarcophagi"
    • B. アンビリカル・シラブルズ - "Umbilical Syllables"
    • C. ファシリス・デセノス・アヴェルニ - "Facilis Descenus Averni"
    • D. コン・サフォ - "Con Safo"
  2. ザ・ウィドウ - "The Widow" - 5:50
  3. ラ・ヴィア・ラ・ヴィアケス - "L'Via L'Viaquez" - 12:21
  4. ミランダ・ザット・ゴースト・ジャスト・イズント・ホーリー・エニィモア - "Miranda That Ghost Just Isn't Holy Anymore" - 13:09
    • A. ヴェイディ・ミーカム - "Vade Mecum"
    • B. ポア・アナザー・アイスピック - "Pour Another Icepick"
    • C. ピサシス - "Pisacis (Phra-Men-Ma)"
    • D. コン・サフォ - "Con Safo"
  5. カッサンドラ・ジェミナイ - "Cassandra Gemini" - 32:28
    • A. タランティズム - "Tarantism"
    • B. プラント・ア・ネイル・イン・ザ・ネイヴァル・ストリーム - "Plant a Nail in the Naval Stream"
    • C. ファミンパルス - "Faminpulse"
    • D. マルチプル・スパウス・ウーンズ - "Multiple Spouse Wounds"
    • E. サーコファガイ - "Sarcophagi"

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

脚注・出典[編集]