フランシスコ・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・ガルシア
Francisco García
ヒューストン・ロケッツ  No.32
Francisco-Garcia.jpg
名前
本名 フランシスコ・アルベルト・ガルシア
愛称 "ラテン・アサシン"
ラテン文字 Francisco García
スペイン語 Francisco Alberto García
基本情報
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 1981年12月31日(32歳)
出身地 首都地区サントドミンゴ
身長 201cm
体重 88.5kg
選手情報
ポジション シューティングガード
背番号 32
ドラフト 2005年 23位
代表歴
キャップ ドミニカ共和国の旗 2003年-現在
経歴
2005-2013
2013-
サクラメント・キングス サクラメント・キングス
ヒューストン・ロケッツ
 
獲得メダル
男子バスケットボール
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
パンアメリカンゲームズ
2003 サントドミンゴ 男子

フランシスコ・ガルシアFrancisco García)ことフランシスコ・アルベルト・ガルシアFrancisco Alberto García1981年12月31日 - )は、ドミニカ共和国のプロバスケットボール選手である。NBAヒューストン・ロケッツ所属。首都地区サントドミンゴ出身。ポジションはシューティングガードスモールフォワード。身長201cm、体重88kg。愛称はLatin Assassin

経歴[編集]

学生時代[編集]

ガルシアは高校2年生の時に渡米し、大学はルイビル大学に進学。1年目の2002-03シーズンからスリーポイントシューターとして活躍し、平均11.2得点スリーポイントシュート成功率42.5%の成績を残し、カンファレンスUSA新人王を獲得した。またカンファレンストーナメントではチームハイの平均14.7得点をあげ、オールトーナメントチームにも選ばれた。2003年のシーズンオフにはパンアメリカン競技会にドミニカ代表として出場し、銀メダル獲得に貢献している。大学での2年目には先発に定着、平均16.4得点の成績でチームのリーディングスコアラーとなり、カンファレンスのオールファーストチームに選出された。3年目のNCAAトーナメントではチームをFinal4にまで導き、ジョン・ウッデン賞の候補にも選ばれた。2005年のシーズンオフにはドミニカで開催されたバスケットボールアメリカ選手権に出場し、18.9得点4.1リバウンドの成績を残した。チームは6位に終わった。4年生には進学せず、2005年のNBAドラフトにアーリーエントリーする。

NBA時代[編集]

ドラフトにてサクラメント・キングスから1巡目23位指名を受けてNBA入りを果たす。キングスでの最初の2シーズンは平均出場時間は20分以下とベンチを温める日々が続いたが、3年目の07-08シーズンには主力選手が相次いで故障したことにより、ガルシアにも多くの出場時間が割かれ、シューターとしてチームに大きく貢献するようになった。

2013年2月20日、ヒューストン・ロケッツに移籍した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]