フランシアン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランシアン語(フランシアンご)は、標準語としてのフランス語ができる前のイル=ド=フランス地域圏で(中心にパリがある)話された特定のオイル語に適用される19世紀言語学者用語である[1]

概要[編集]

フランス語の発展に関するある理論によると、フランシアン語は公用語として匹敵するオイル語全てから選ばれた(中世の主要な競争相手であるノルマン語ピカルディ語)。しかし現在有力な理論は、フランシアン語は認識されている地域主義に拘束されない行政言語がラテン語に置き換えられるコミュニケーションや記録の妥協法として負わされるものの頂点として方言連続体方言であったというものである。

フランシアン語の存在と定義は、19世紀にある程度はラテン語からの直接かつ純粋な血統に恵まれているものとしてフランス語の考え方を支援しフランスの様々なロマンス諸語の寄与を極小化するよう提案されている。今日フランシアン語の問題は、フランスの言語政策の議論において議論の対象となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Ce terme est une dénomination linguistique du XIXe siècle. En effet, avant on parlait tout simplement de françoys ou de françois (prononcé [frãswè] puis [frãsè])" (French Wikipedia).

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]