フランク・ワシントン・ヴェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランク・ワシントン・ヴェリー(Frank Washington Very 、1852年1927年11月23日)はアメリカ合衆国天文学者

マサチューセッツ州セイラムに生まれ、マサチューセッツ工科大学で学んだ。1878年から1895年までアレゲニー天文台で働き、1890年にウェスタン大学(現ピッツバーグ大学)の教授となり、1892年から1896年の間はブラウン大学のラッド天文台の台長を務めた。

ヴェリーの重要な業績のひとつはボロメータをつかって、赤外線を測定し、月や惑星の表面温度を計測したことである。サミュエル・ラングレーは1890年に月の観測についてまとめた論文を発表したが、その中には理由は不明であるが、ヴェリーの観測についての言及はみられない。1891年にヴェリーは自らの月の熱の分布に関する論文を発表し、その中には月食時の測定値も含まれる。1890年にサミュエル・ラングレーに出版されたピッツバーグのアレゲニィ天文台でのヴェリーとの赤外線の共同観測における著作はスヴァンテ・アレニウスによって初の温室効果の計算に使用された。

彼の功績を称えて月のヴェリー・クレータに命名された。