フランク・ミラー (チェロ奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランク・ミラーFrank Miller, 1912年3月5日 - 1986年1月6日[1][2]は、アメリカ合衆国チェリスト

メリーランド州ボルティモアの生まれ。[3]ピポーディ音楽院を経てカーティス音楽院に進学し、フェリックス・ザルモンドに師事。18歳でフィラデルフィア管弦楽団にチェロ奏者として参加し、1935年にはミネアポリス交響楽団の首席チェロ奏者を務めた。1940年にはNBC交響楽団に首席チェロ奏者として入団し、1954年の解散まで務めた。1957年から1959年までプエルト・リコのカザルス音楽祭のオーケストラの首席チェロ奏者として参加。1959年から1985年に引退するまで、シカゴ交響楽団の首席チェロ奏者を務めた。 一方で、1962年から1984年までイリノイ州のエヴァンストン交響楽団の音楽監督を務め、指揮活動も行った。

シカゴにて没。

レナード・ローズは彼のいとこに当たる。[4]

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]