TDプレイス・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TDプレイス・スタジアム
"TD Place Stadium"
フランク・クレア・スタジアム
施設情報
所在地 ランズダウン公園オタワ
開場 1908年
所有者 オタワ市
グラウンド 人工芝
旧称
ランズダウン・パーク(1908年-1992年)
フランク・クレア・スタジアム (1993年–2014年)
使用チーム、大会
オタワ・ラフ・ライダーズCFL、1908年-1996年)
オタワ・レネゲーズCFL、2002年-2005年)
オタワ・ジー・ジーズオタワ大学CIS
カールトン・レイバンズ(カールトン大学、CIS
2007 FIFA U-20ワールドカップ
オタワ・レッドブラックス(CFL、2014年 - )
オタワ・フューリーFCNASL、2014年 - )
収容能力
28,826 人

TDプレイス・スタジアム(英語:TD Place Stadium)は、カナダオタワにあるカナディアンフットボールの競技場でリドー運河に面したランズダウン公園に位置する。

過去「フランク・クレア・スタジアム(Frank Clair Stadium)」と呼ばれていたが、施設改築に伴い改築されたスタジアム、アリーナ、周辺施設を合わせて「TDプレイス」となったことに伴い、新スタジアムは「TDプレイス・スタジアム」と命名された。

2014年秋に改築完成後、CFLオタワ・レッドブラックスNASLオタワ・フューリーFCの本拠地として使用される予定。

歴史[編集]

この場所は1800年代に整地され、馬術、ラクロス、ラグビーなどの競技に使用されていた。1908年のオタワ博覧会の際には観客席が設置され、競技場として完成した。1960年代に観客席は一旦解体され、改築された。この時は北側に1階層のスタンド席と南側に2階層のスタンド席となっていた。北側のスタンドはホッケーアリーナであるオタワ・シビック・センターの上に建っていた。

1976年のモントリオールオリンピックではサッカーの予選会場として4試合が行われた。[1][2]

長年、スタジアムは一般に「ランズダウン・パーク」と呼ばれていたが、1960年代から1970年代までオタワ・ラフ・ライダーズのコーチとGMを務めたフランク・クレアの功績を称え1993年に「フランク・クレア・スタジアム」と改名された。

2007 FIFA U-20ワールドカップの試合会場のひとつになり、この際は収容人数は最大28,826人とされた。その後2007年に構造の老朽化が見つかり、一部スタンドの閉鎖を余儀なくされた[3]。2008年には改築計画の議論が本格化し、2010年にはオタワ市がフランク・クレア・スタジアムと周辺公園の刷新計画を可決。南側のスタンドを全て解体し新築、北側は店舗スペース等を追加し拡張した。2014年1月7日、トロント・ドミニオン銀行(TD)が新造スタジアムとホッケーアリーナ、周辺施設を合わせた命名権を獲得し「TDプレイス」と呼称。スタジアムは「TDプレイス・スタジアム」として2014年に完成予定。

脚注[編集]

外部リンク[編集]