フランク・オドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・オドール(レフティ・オドール)
Frank "Lefty" O'Doul
Lefty-odoul.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1897年3月4日
没年月日 1969年12月7日(満72歳没)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
初出場 1919年4月29日
最終出場 1934年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2002年
選出方法 特別表彰

フランク・”レフティ”・オドールFrancis Joseph "Lefty" O'Doul, 1897年3月4日 - 1969年12月7日)は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手外野手)・監督。日本では、姓はオドゥールとも表記される。

アメリカ球界における経歴[編集]

アメリカ・サンフランシスコ出身。高校卒業後ニューヨーク・ヤンキースに入団。当初は投手であった。当時左投げ投手は珍しく、「レフティ(左利き)」のニックネームをつけられた。1919年にメジャー昇格。その後1923年ボストン・レッドソックスに移籍したシーズンまで実働4シーズン投手としての記録が残っている。しかし、彼の打力に注目した首脳陣は、投手ではなくオドールを野手として起用するようになる。

投手を断念してから数シーズン、オドールはレッドソックスやニューヨーク・ジャイアンツのAAA級でくすぶっていたが、1928年に初めて規定打席に達して打率3割をマーク。翌1929年にはフィラデルフィア・フィリーズに移籍して打率.398をマークし首位打者を獲得、打撃に開眼する。その年マークした254安打はナショナルリーグ記録であり、両リーグ合わせてもイチロージョージ・シスラーに次いで史上3位。

ブルックリン・ロビンスに移籍した1931年も打率3割をキープ、さらには1932年には2度目の首位打者に輝くなど5年連続打率3割をマークした。その後は出場機会は減少。1933年に再度ニューヨーク・ジャイアンツに復帰したが、その年にワールドシリーズ制覇1934年のシーズン限りで引退。

1935年から23年の長きにわたって、マイナーリーグパシフィック・コーストリーグ(AAA級)で監督を務めた。その内訳は、サンフランシスコ・シールズ(1935~51年)、サンディエゴ・パドレス[1](1952~1954年)、オークランド・オークス(1955年)、バンクーバー・マウンティズ(1956年)、シアトル・レニアーズ(1957年)である。シールズでは1935年と1943~46年にリーグ優勝を遂げている。

ニューヨーク・ジャイアンツがサンフランシスコに移転すると、オドールは1958年から1961年まで臨時の打撃コーチを務めた[2]

シールズの監督時代、選手の一人に若き日のジョー・ディマジオがいた。後年、ディマジオがニューヨーク・ヤンキースの大選手になったあと、オドールは「ディマジオを自分の功績にしないでほしい。気を利かせて放っておいただけだから」とコメントしたが、これは謙遜によるものだった[3]。ジャイアンツの臨時コーチ時代にはウィリー・マッコビーも指導している。

晩年は野球界から去り、サンフランシスコのゲイリー大通りという目抜き通りにレストラン兼スポーツバーを出店、1969年にこの世を去るまでサンフランシスコを離れなかった。この店は2009年現在も「レフティ・オドールのレストラン・カクテルラウンジ」として営業を続けている。野球選手としては流浪の選手であったが、生粋のサンフランシスコ人であったといえる。その功績をたたえて、1981年にはサンフランシスコ・ベイエリアにゆかりのスポーツ関係者を対象とした「ベイエリアのスポーツ殿堂」(Bay Area Sports Hall of Fame)に表彰された。また、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークの近くの入り江「マッコビー・コーブ」にかかる橋には「レフティ・オドール橋」という名前が付けられている。

オドールと日本球界[編集]

フランク・オドールが本土アメリカよりも日本で有名なのは、日本のプロ野球と浅からぬ縁を持っているからである。

1934年12月に、現存するプロ野球チームとして最古の球団「大日本東京野球倶楽部」が結成されたが、相手となるチームがいなかったため、1935年、同球団はアメリカ遠征を行った。最初に訪れた地・サンフランシスコでシールズを率いていたオドールは、対戦相手にチームのニックネームがないことに気づき、大日本東京野球倶楽部のマネージャーをしていた鈴木惣太郎に、ニックネームをつけることを提案。その一案として、当時全米でヤンキース、ドジャースと人気を分け合っていたジャイアンツを提案し、鈴木もその案をチームに持ち帰り、了承される。大日本東京野球倶楽部は1935年のアメリカ遠征を「東京ジャイアンツ」というニックネームで行うこととなった。そして、1936年に日本で開始された本格的な職業野球では「東京ジャイアンツ」が参加することになったのである。また、日本側のアメリカ遠征の際、日本選手でありながら当時無国籍であったヴィクトル・スタルヒンのアメリカ入国の許可を得るために奔走した。

また、オドールは選手時代にもメジャーリーグ選抜チームの一員として2回来日している(1931年・ロビンス、1934年・ジャイアンツ)。

さらに、一番オドールと日本のつながりを示すエピソードとして語られるのが1949年の来日である。当時オドールはサンフランシスコ・シールズの監督として来日し、急遽当時の日本のプロ野球のスタープレーヤーで結成された全日本チームとの対戦巡業を行ったが、どの試合も完膚なきまでに全日本チームを圧倒し、しかもそれがアメリカのトップリーグのチームではないという事実に、日本の野球ファンに大きな衝撃を与えた。しかし、巡業の合間には野球教室を開いたり、日本の人々との交流を決して忘れなかった。この最中、大相撲力士ながら自らの草野球チームを作っていたほどの野球好きだった横綱前田山が飛び入りで登場し、しかし病気を理由に休場中であったにも関わらず、遊びとも言える行動を行っていた事が問題視され、前田山は引退に追い込まれてしまった、という逸話もある。

1951年、今度はメジャーリーグ選抜チームの監督となって4度目の来日(メジャーリーグ選抜で、ジョー・ディマジオは最後のユニフォーム姿を披露することになる)をしたオドールは、全国各地で「オドールさん」と野球ファンに親しまれたという。

殿堂入り[編集]

このように、戦後の荒廃した日本に野球という手法で新たな光を差し込ませ、日米交流を図ったという点が大きく評価され、2002年、特別表彰の新世紀表彰という形で日本の野球殿堂入りが決定した。

外国人の殿堂入りは過去に例があるが(ヴィクトル・スタルヒン与那嶺要)、メジャーリーグを経験した選手の殿堂入りは史上初である。オドールはアメリカ野球殿堂入りは果たしていない。ただし、長年にわたるパシフィック・コーストリーグへの功績により、2003年に同リーグの殿堂(Pacific Coast League Hall of Fame)に表彰されている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
970 3264 1140 175 41 113 624 542 36 122 333 23 39 .349 .413 .532

獲得タイトル・記録[編集]

投手成績[編集]























防御率
34 1 77.7 1 0 1 0 19 104 2 49 5 2 42 4.87

脚注[編集]

  1. ^ メジャーリーグのサンディエゴ・パドレス(1969年~)の前身。
  2. ^ THE BASEBALL BIOGRAPHY PROJECT(英語)
  3. ^ BaseBall reference.com(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]