フランキー・ランドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランキー・ランドール
基本情報
本名 Frankie Billy Randall
通称 The Surgeon
階級 ジュニアウェルター級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1961年9月25日(52歳)
出身地 アラバマ州バーミングハム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 77
勝ち 58
KO勝ち 42
敗け 18
引き分け 1
テンプレートを表示

フランキー・ランドールFrankie Randall、男性、1961年9月25日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーアラバマ州バーミングハム出身。身長175cm。元WBCおよびWBA世界ジュニアウェルター級王者。

1994年にフリオ・セサール・チャベスからプロ初のダウンを奪い、さらにはプロデビューからの無敗記録を90(89勝1分)でストップさせた選手。

来歴[編集]

1981年6月25日、プロデビュー。

1994年1月29日、WBC世界ジュニアウェルター級王者フリオ・セサール・チャベスに挑戦し、12回判定勝ちで世界王座を獲得した。チャベスからプロ初のダウンを奪い、さらにはプロデビューからの無敗記録を90(89勝1分)でストップさせた。

1994年5月7日、初防衛戦でフリオ・セサール・チャベスと再戦し、8回負傷判定負けで王座から陥落した。

1994年9月17日、WBA世界ジュニアウェルター級王者ファン・マルチン・コッジに挑戦し、12回判定勝ちで世界王座を獲得した。

1996年1月13日、3度目の防衛戦でファン・マルチン・コッジと再戦し、4回負傷判定負けで王座から陥落した。

1996年8月16日、王者ファン・マルチン・コッジに再挑戦し、12回判定勝ちで王座に返り咲いた。

1997年1月11日、初防衛戦でカル・ライリーと対戦し、11回TKO負けで王座から陥落した。

2000年12月10日、アントニオ・マルガリートと対戦し、4回TKO負け。

2001年8月24日、ホセ・アントニオ・リベラと対戦し、10回KO負け。

2004年5月22日、フリオ・セサール・チャベスラバーマッチで対戦し、10回判定負け。

2005年7月15日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 第22代WBC世界ジュニアウェルター級王座(防衛0)
  • 第35代WBA世界ジュニアウェルター級王座(防衛2)
  • 第37代WBA世界ジュニアウェルター級王座(防衛0)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
フリオ・セサール・チャベス
第22代WBC世界ジュニアウェルター級王者

1994年1月29日 - 1994年5月7日

次王者
フリオ・セサール・チャベス
前王者
ファン・マルチン・コッジ
第35代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1994年9月17日 - 1996年1月13日

次王者
ファン・マルチン・コッジ
前王者
ファン・マルチン・コッジ
第37代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1996年8月16日 - 1997年1月11日

次王者
カル・ライリー