フラワー・キングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラワー・キングス(The Flower Kings)は、スウェーデンプログレッシブ・ロックバンドである。 カイパギタリストであったロイネ・ストルトを中心として結成された。

略歴[編集]

ロイネのソロ・アルバム『The Flower King』(1994年)の参加メンバーや、トマス・ボーディン(キーボード)等が集まり、1995年に『Back In The World Of Adventures』で、バンドとして正式にデビュー。その後も次々とアルバムを発表し、1999年には初来日する。2013年1月にヨーロピアン・ロック・フェスのために来日。

音楽性[編集]

音楽性は基本的にはプログレッシブ・ロックに属するものであり幻想的な世界を構築しているが、重厚な曲やフュージョン的な曲など多種多様な要素を持っている。

大作指向も強く、3作目『Stardust We Are』(1997年)以降、CD2枚組のアルバムも少なくない。

その他[編集]

ロイネは、フラワー・キングスと並行して様々なバンドに関わる。2000年にはニール・モーズ(スポックス・ビアード)、ピート・トレワヴァス(マリリオン)、マイク・ポートノイドリーム・シアター)と共にトランスアトランティックを結成。また、2002年にはカイパも再結成させた。

ディスコグラフィー[編集]

  • Back In The World Of Adventures(1995)
  • Retropolis(1996)
  • Stardust We Are(1997)
  • Scanning The Greenhouse(1998)-ベスト盤
  • Flower Power(1999)
  • Alive On Planet Earth(2000)- ライヴ盤
  • Space Revolver(2000)
  • The Rainmaker(2001)
  • Unfold The Future(2002)
  • Live In New York(2002)- ライヴ盤
  • Meet The Flower Kings(2003)- ライヴ盤(DVDもあり)
  • Adam & Eve(2004)
  • BetchaWannaDanceStoopid!!(2004)- ライヴ盤
  • Paradox Hotel(2006)
  • Instant Delivery(2006)- ライヴ盤(DVDもあり)
  • The Road Back Home(2007)- ベスト盤
  • The Sum of No Evil(2007)
  • Carpe Diem(2008)- ライヴ盤
  • Banks Of Eden(2012)

外部リンク[編集]