フラワーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラワーボウル
英字表記 Flower Bowl
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1952年
死没 1968年4月16日
Alibhai
Flower Bed
母の父 Beau Pere
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Brookmeade Stable
馬主 Brookmeade Stable
競走成績
生涯成績 32戦7勝
獲得賞金 174,625ドル
テンプレートを表示

フラワーボウルFlower Bowl1952年 - 1968年)とは、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および繁殖牝馬である。とくに繁殖牝馬として優れ、アメリカ殿堂馬ボウルオブフラワーズなどの活躍馬を送り出した。

経歴[編集]

ブルックミードステーブル名義のもとで競走生活を送った馬で、競走馬時代にはデラウェアハンデキャップとレディーズハンデキャップでステークス競走勝ちを収めている。

引退後は1957年よりブルックミードステーブルで繁殖牝馬となった。この翌年に生まれた第1子がボウルオブフラワーズBowl of Flowers)で、同馬は2歳時から活躍、翌年にはエイコーンステークスコーチングクラブアメリカンオークス牝馬二冠を達成する大きな成果を挙げた。

1962年にブルックミードステーブルの所有者であったイザベル・ドッジ・スローンが死亡すると、フラワーボウルはウィンストン・ゲストの手に渡り、その後キングランチを運営するジョン・W・ガルブレスに購入された。このガルブレスの牧場で最初に生まれた産駒がグロースタークGraustark 1963年生、牡馬)で、同馬もまた競走馬として2歳から活躍した。クラシック出走前に怪我により引退したが、種牡馬としても成功し、ダービーダンファームの生産の柱となった。

フラワーボウルは1968年4月16日、グロースタークの全弟にあたるヒズマジェスティHis Majesty 1968年生、牡馬)を産んで間もなく死亡した。ヒズマジェスティはグロースタークと同様に種牡馬として活躍し、リボーの系統を伸ばした代表的な種牡馬となっている。

フラワーボウルの子孫の牝系からは、まだこれといった著名な競走馬は出ておらず、ボウルオブフラワーズの子に種牡馬として成功したウィスキーロード(Whiskey Road 1972年生、牡馬 父ニジンスキー)がいる程度である。

フラワーボウルの遺骸はダービーダンファームの墓地の、アイドルアワーストックファーム時代の名牝ブロッサムタイムの隣に埋葬されている。

評価[編集]

おもな勝鞍[編集]

※当時はグレード制未導入

1956年(4歳)
デラウェアハンデキャップ、レディーズハンデキャップ

表彰[編集]

血統表[編集]

フラワーボウル血統ハイペリオン系/Gainsborough 3x5=15.63%、 Bay Ronald 5x5=6.25%)

Alibhai
1938 栗毛 イギリス
Hyperion
1930 栗毛 イギリス
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
Teresina
1920 栗毛 イギリス
Tracery Rock Sand
Topiary
Blue Tit Wildfowler
Petit Bleu

Flower Bed
1946 鹿毛 アメリカ
Beau Pere
1927 青鹿毛 イギリス
Son-in-law Dark Ronald
Mother in Law
Cinna Polymelus
Baroness la Fleche
Boudoir
1938 芦毛 イギリス
Mahmoud Blenheim
Mah Mahal
Kampala Clarissimus
La Soupe F-No.4-d

参考文献[編集]

  • Etched in Stone : Thoroughbred memorials [p.82-83] (2000 著者: Lucy Zeh、 出版: Blood-horse Inc. ISBN 1-58150-023-8

外部リンク[編集]