フラム号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アムンセンの南極探検中。フラム号

フラム号(ふらむごう、Fram)とはノルウェースウェーデン=ノルウェー)の探検。重量402トン、高さ39mの木造スクーナーで耐氷のため丸底になっているのが大きな特徴。フリチョフ・ナンセンの指揮の下に本船を使用し北極海の海氷に閉じ込められたまま漂流するという野心的な観測探検が行われ、その観測成果からV・ヴァルフリート・エクマンが風走流理論を確立したので有名である。

ナンセンによる探検[編集]

ナンセンは北極海における海流の研究の際、シベリア産の流木グリーンランド東岸に漂着したり、シベリア北岸で氷圧のため破壊されたアメリカ探査船ジャネット号の遺物が三年後グリーンランド南東岸に漂着したことなどの事実から、北極海の海流がシベリア北岸からグリーンランドに流れているものと推論した。そしてこれを実証するため氷圧によって破壊されない底が丸い特殊な形の船体をもつ船で氷に閉じ込められ、そのまま漂流すれば上記の説を実証できるとし、フラム号を建造。船底にコルクやフェルトなどを入れて保温効果を高めるようにした。

そして13名の隊員とともに1893年6月にノルウェーを出発した。同年の9月25日シベリア北岸沖で氷に閉じ込められ、そのまま漂流を続け北極海を横断三年後の1896年8月12日、グリーンランド海にてダイナマイトで氷を破り脱出、帰国する。この間、ナンセンは氷上に降りて北極点到達を試みたが果たせなかった。フラム号で行われた観測の成果は、主としてナンセンにより6巻の報告書にまとめられた。主な発見は死水現象、風に対して海流が右偏すること、北極海流系に関するもの、などである。

その後[編集]

1898~1902年にオットー・スヴェルドルップ指揮のカナダ北部北極海の探検に使われたり、1910~1912年にロアール・アムンセン指揮の南極探検に使われた。現在フラム号はノルウェー国民の誇りある歴史的記念物としてオスロフラム美術館に保存、展覧されている。甲板から船の中まで見学することができる。

フラム号にちなみ命名されたもの[編集]

外部リンク[編集]