フラボタンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラボタンパク質: Flavoprotein)は、補欠分子族としてリボフラビン誘導体のフラビンモノヌクレオチド(FMN)またはフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)を含むタンパク質の総称である。たとえば生物発光酸化ストレスに関わるラジカルの除去、光合成DNA修復アポトーシスのような、非常に多くの生化学反応に関わっている。

参考文献[編集]