フラットコーテッド・レトリーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックの毛色をしたフラットコーテッド・レトリーバー

フラットコーテッド・レトリーバー(英:Flat-coated Retriever)とは、イギリスイングランド原産のレトリーバー犬種である。

歴史[編集]

本種の直系の先祖であるウェイビーコーテッド・レトリーバーに更なる改良を加え、1900年頃に誕生した犬種である。主な強化点は素早さ、賢さ及び嗅覚である。ウェイビーコーテッドの人気を保ちながら知名度を向上させ、広く知られるようになった。使役は主に撃ち落された鳥を回収(リトリーヴ)することで、水中及び陸上共に迅速且つ正確に回収作業を行った。もちろん、回収作業の際に鳥に歯型がつかないようにそっと咥える、ソフトマウスという技術も習得することが可能である。ソフトマウスの技術は遊びながら身に付けていくもので、主人と川や野原でキャッチボールをしながら習得する。ソフトマウス習得用に使用するボールは特殊な形状をしており、無数のトゲが付きイガグリの形状に類似したボールを使用する。これを強く咥えると口内に傷が生じ痛むため、次第に物をそっと咥えるように覚えていくのである。

1860年、バーミンガム・ショーに参加した。当時はウェービー・コーテッドと呼ばれ、波状毛で体型的にもラブラドールとの差異も少なかった。時代が進むにつれ、波状毛が徐々に平滑毛に変わり、フラット・コーティッドと呼ばれるようになった。

祖先犬は小型のニューファンド又はチェサピーク・ベイ・レトリバーの小型のものと思われているが、ラブラドールとカーリー・コーティッドによるという説もある。 当初は番犬として考えられていたが、優れた嗅覚により猟犬とすべく重過ぎる体重やバランスの改良が成され、犬種としての完成度が高められた。1864年の展覧会からは、他のレトリバーと区別されるようになった。水中における鴨の運搬だけでなく、陸上においても獲物の回収犬として重宝された。

かつて作業犬として人気の高かったフラット・コーテッドであったが、ラブラドール・レトリーバーゴールデン・レトリーバーの誕生により人気を奪われ、第二次世界大戦により頭数が激減した。戦後はほぼ絶滅状態にまで瀕したが、1人のブリーダーによって犬種が保存され、頭数を回復して今日に至る。

現在では世界的に人気のある犬種で、多くがペットとして飼育されている。日本でもラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーの存在に隠れてはいるものの人気の高い犬種で、毎年多くの国内登録が行われている。2009年度の国内登録頭数順位は136位中37位とかなり高順位であった。国内にも多くのブリーダーが存在し、およそ18~25万円ほどの値段で販売も行われている。

特徴[編集]

頭部
スカルは長めで、ほどよい形である。頭頂は平らで適当に広い。ストップはわずかにくぼんでいる。耳付きは高くなく、耳は大きすぎない三角形で頭のよこに接して垂れている。目は中位の大きさでアーモンド型である。目色は暗褐色かはしばみ色である。鼻はかなり大きく鼻孔開いている。鼻色は黒だが、レバー色のブラウン・コートの犬はブラウンである。顎は長く強く、獲物のウサギやキジを運搬するのに適していなければならない。咬み合わせはシザーズ・バイトが好ましく、レベル・バイトも許される。
長く、しっかりしており、わずかにアーチし、スローティネス(のどのたるみ)はない。
ボディ
胸は深く、中位の幅があり、充実している。背は短めだが強固である。肋骨は前方ではかなり平らで、次第に張り出し、胴の中央部では十分にアーチし、腰に近づくにつれて軽い感じとなる。腰は筋肉がよく発達している。
太く、長くなく、トップラインの延長線上についている。垂れて保持し、背上にかかげることはない。
四肢
肩はよく後方に傾斜している。前肢はまっすぐで長い。後肢は大腿部は長く、筋肉に富み、バランスのとれたアンギュレーションで下肢につづく。指趾は丸く、堅くにぎり、パッドは厚く強い。
狼爪は除去する。
被毛と毛色
レバー色の毛色をしたフラットコーテッド・レトリーバー
被毛は中位の長さで光沢があり、豊富である。フラットで寝ており、まっすぐでわずかにウェーブがかかっているのは許される。
毛色はブラックかレバー色に限られる。
犬がフル・コートにあたっている時期は、フロント、胸、前肢のうしろ、大腿、尾の下側は厚く、ふさふさしている。耳にも厚い毛がある。
歩様
スムーズで、流れるような歩様。
サイズ
体高は牡が 58㎝ - 61㎝、牝は 56㎝ - 59㎝。体重は牡が 27㎏ - 36㎏、牝は 25㎏ - 32㎏が望ましい。
性格
しつけの飲み込みもとても早く賢いが、仔犬は3歳になるまでやんちゃなため初心者は手を焼く事もある。遺伝的にかかりやすい病気は股関節形成不全症である。運動量は多いが、仔犬の時期を乗り切れば飼育のしやすい犬種である。

参考[編集]

  • 『犬のカタログ2004』(学研)中島眞理 監督・写真
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2007』(辰巳出版)佐草一優監修
  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2009』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]