フラッタータンギング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラッタータンギング: Flutter-tonguing)、フラッターツンゲ: Flatterzunge)とは、の細かい動きにより音を震わせる、管楽器の特殊奏法である。近現代のクラシック音楽作品やジャズで用いられる。ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスフルート特殊奏法として考案し、他の木管楽器金管楽器に応用した。このため、クラシック音楽においては、ドイツ語による表記が一般的である。省略した形で「フラッター奏法」、「フラッター」と呼ばれる場合もある。

奏法[編集]

奏者は息を出しながら、巻き舌のごとく"r-r-r-r-r-r "と発音する。実際は、音の出だしを明確にするために通常のタンギングを行うので "t-r-r-r-r-r "のようになる。

指示の方法[編集]

音符の符尾にトレモロのような斜線を入れるか、"flatterzunge" 、もしくは省略形の"flz. "や"flt. "と記入する。両者を併用する場合もある。

使用方法[編集]

持続音のほか、早い動きのパッセージや、旋律にも用いられる。

リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・キホーテ』における羊の群れの表現や、オネゲルの交響的運動『パシフィック231』や『交響曲第3番』での使用例は、この奏法の持つ雑音的な効果を利用している。ミヨーのバレエ音楽『世界の創造』では、フルートがフラッタータンギングを伴って旋律を奏でる。

参考文献[編集]

  • 伊福部昭『管弦楽法(上)』音楽之友社、1993年(フルートの項)