フラタニティ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラタニティ
Fraternity
基本情報
出身地 南オーストラリア州アデレードオーストラリア
ジャンル プログレッシブ・ロックサイケデリック・ロックブルースロックブギー・ロックen:Boogie rock
活動期間 1970年-1973年
1973年-1974年 ファング(Fang)として
1974年-1975年 フラタニティの再編成
1975年-1978年 サム・ドリーム(Some Dream)として
1978年-1981年 ミッキー・フィン(Mickey Finn)として
レーベル スイート・ピーチen:Sweet Peach
レーベンen:Raven
RCA
共同作業者 ザ・スペクターズen:The Spektors
ザ・バレンタインズen:The Valentines
レビ・スミス・クレフス(Levi Smith's Clefs)
マウント・ロフティ・レンジャーズ(Mount Lofty Rangers)
AC/DC
コールド・チゼルen:Cold Chisel
リビング・ラウドen:Living Loud
INXS
ザ・パーティー・ボーイズen:The Party Boys
フェザー(Feather)
サム・ドリーム(Some Dream)
ミッキー・フィン(Mickey Finn)
旧メンバー
ボン・スコットen:Bon Scott
ミック・ジュード(Mick Jurd)
ジョン・フリーマン(John Freeman)
ジョン・ビゼット(John Bisset)
ブルース・ハウ(Bruce Howe)
"アンクル"・ジョン・イヤーズ("Uncle" John Eyers)
サム・シー(Sam See)
トニ・ビュッテル(Tony Buettel)
ジミー・バーンズen:Jimmy Barnes
ジョン・スワンen:John Swan
ピーター・ベルゼ(Peter Bersee)
モーリ・バーグ(Mauri Berg)

{{{Influences}}}

フラタニティFraternity)は、1970年代初期に活動したオーストラリアロックバンド。後にAC/DCに参加したリード・ボーカリストのボン・スコットen:Bon Scott)が在籍したことで有名なバンドである。1973年にボン・スコットAC/DCに合流するために脱退後、後任としてジミー・バーンズen:Jimmy Barnes)が参加。バーンズはその後コールド・チゼルen:Cold Chisel)に参加し、ソロのキャリアで大きく成功した。

概要[編集]

フラタニティは、南オーストラリア州アデレードで1970年、この間に分裂したレビ・スミス・クレフスLevi Smith Clefs)のメンバーによって結成された。フラタニティのベーシストのブルース・ハウ(Bruce Howe)が、ちょうど解散したザ・バレンタインズen:The Valentines)のボン・スコットを呼ぶことを決めるまで、彼らにはレギュラーのボーカリストがいなかった。ニュージーランド・ミュージシャンのジョン・ビゼット(John Bissett)は、この初期編成の中でキーボードを演奏した。

フラタニティは、2枚のアルバムと、数枚のシングルをリリースし、彼らの地元オーストラリアで一定の成功を収めた。しかし、UKで成功するという夢をもってイギリス入りした彼らだが成果を残すことができずに、バンド名を1973年初期にファングFang)という名変えたがやはり全く成果をあげることはできなかった。彼らは完全にやる気をなくし、失意の中オーストラリアに戻っていった。そんな中メンバーのある者は、ゆるやかな編成のマウント・ロフティ・レンジャーズMount Lofty Rangers)を結成した。ところがこのバンドも、ボーカルのスコットが1974年初めにオートバイ事故により重傷を負ったことで活動停止を余儀なくされた。その後スコットは事故より回復したが、事故前に彼らと2曲のレコーディングをしていたにも関わらずバンドに戻ることはなく、AC/DCに参加することになりそのままバンドを脱退。こうしてフラタニティはのちに違う編成で再始動、それは1975年頃まで続き、同年の終わり頃までにはサム・ドリーム(Some Dream)と再び名前を変えた。その後の1978年、バンドはミッキー・フィン(Mickey Finn)という名前に再び変えており、メンバーにはブルース・ハウ(Bruce Howe)、アンクル・ジョン・イヤーズ(Uncle John Eyers)、モーリ・バーグ(Mauri Berg)、ジョン・ベートマン(Joff Bateman)が含まれていた。1980年までに、ジョン・フリーマンen:John Freeman)が再び参加し、セカンド・ギタリストのスタン・コリティーニ(Stan Koritini)が参加している。その編成はエウレカ・レーベル(Eureka label)で、セルフタイトルのアルバムを製作した。ミッキー・フィンは、音楽シーンから後退する前の1980年と1981年に、2枚のシングルをリリースした。

メンバー[編集]

1970年-1973年[編集]

1974年-1975年[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • ホワイ・ディド・イット・ハフ・トゥ・ビー・ミー?(Why Did It Have To Be Me?) / クエスチョンen:Question) (ムーディー・ブルースカバー) (1970年) - ボン・スコット加入前
  • ライブ・ストック(Livestock) / ホワイ・ディド・イット・ハフ・トゥ・ビー・ミー?(Why Did It Have To Be Me?) / クール・スポット(Cool Spot) (1971年1月)
  • シーズンズ・オブ・チェンジ(Seasons Of Change) / サマービル(Summerville) (1971年5月)
  • ザ・レースPt. 1(The Race Pt. 1) / ザ・レースPt. 2(The Race Pt. 2) (1971年9月)
  • ウェルフェア・ブギー(Welfare Boogie) / ゲティング・オフ(Getting Off) (1972年3月)

EP[編集]

  • イフ・ユー・ゴット・イット(If You Got It) / ラグランズ・フォリー(Raglan's Folly) / ユー・ハブ・ア・ゴッド(You Have A God) (1971年9月)

スタジオアルバム[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

  • ザ・コンプリート・セッションズ1971-1972(The Complete Sessions 1971-72) (1997年3月) ~ 2枚組CD
  • シーズンズ・オブ・チェンジ(Seasons of Change) (2003年8月) ~ ザ・コンプリート・セッションズ1971-1972の再発。

その他[編集]

  • ボン・スコット: ジ・アーリー・イヤーズ1967-1972(The Early Years 1967-1972) (1988年) ~ ザ・バレンタインズen:The Valentines)とザ・スペクターズen:The Spektors)によるフラタニティ特集。
  • ボールデン・マイルス - オーストラリアン・プログレッシブ・ロック1969-1974(Golden Miles - Australian Progressive Rock 1969-1974) (1997年) ~ フラタニティの『シーズンズ・オブ・チェンジ』収録。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • クリントン・ウォーカー 『ハイウェイ・トゥ・ヘル』 1994年。