フラガリア・ニルゲルレンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fragaria nilgerrensis
Fragarianilgerrensis.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: オランダイチゴ属 Fragaria
: Fragaria nilgerrensis
学名
Fragaria nilgerrensis
Schlecht. ex J.Gay

Fragaria nilgerrensisは、南アジアおよび東南アジア原産の野イチゴの一である。果実の味わいは乏しく、商業的な価値はない[1][2]

全てのイチゴは7本の染色体からなる基本半数体を持つ。Fragaria nilgerrensisは、これらの染色体を2対、計14本の染色体を持つ2倍体である[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b G.M. Darrow. “The Strawberry: History, Breeding and Physiology. Online version”. 2012年8月7日閲覧。
  2. ^ a b F. nilgerrensis information from GRIN Taxonomy Database”. 2012年8月7日閲覧。