フライングハイ2/危険がいっぱい月への旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライング・ハイ2/危険がいっぱい月への旅
Airplane II: The Sequel
監督 ケン・フィンケルマン
脚本 ケン・フィンクルマン
製作 ハワード・W・コッチ
出演者 ロバート・ヘイズ
ジュリー・ハガティ
チャド・イベレット
チャック・コナーズ
ウィリアム・シャトナー
ピーター・グレイブス
ロイド・ブリッジス
音楽 エルマー・バーンスタイン
リチャード・ハザード
撮影 ジョゼフ・F・バイロック
編集 デニス・ヴァークラー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年12月10日
日本の旗 1983年2月12日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 フライング・ハイ
テンプレートを表示

フライングハイ2/危険がいっぱい月への旅』(原題: Airplane II: The Sequel)は、1982年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画

概要[編集]

ちょっぴり未来のヒューストンで、人類初の月観光旅行に向かったスペース・シャトル「メイフラワー号」を巡る騒動を描く。

1980年の『フライングハイ」の続編で、旅客機から宇宙船に舞台を移し、前作の雰囲気を踏襲しつつも、『スター・ウォーズ』『E.T.』『2001年宇宙の旅』『スパイ大作戦』『スタートレック』などの新たなパロディが盛り込まれた作品。

『スタートレック』のカーク船長役のウィリアム・シャトナーや、『スパイ大作戦』のジム・フェルプス役のピーター・グレイブスがサブキャラとして登場している。

あらすじ[編集]

前作で多くの乗客を救ったテッド・ストライカーは、人類初の観光スペース・シャトル「メイフラワー号」のテストパイロットを任される。しかしシステムの不備を指摘しようとしたテッドは、それを隠蔽したい会社によって濡れ衣を着せられ、精神病院に入れられてしまう。

失意のテッドだったが、「メイフラワー号」が月旅行を強行することを知り、病院を脱走して「メイフラワー号」に乗り込んだ。そこで再会したかつての恋人エレインに危険を訴えるも、彼女は聞き入れてくれない。そうする内、テッドの危惧した通り、コンピューターが反乱を起こし、乗組員が全員操縦不能に陥ってしまう。さらに「メイフラワー号」は、太陽めがけて直進し始めた。この危機を救う為、テッドは再び操縦桿を手にする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]