フヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フヨウ
フヨウ
2005年8月13日撮影(東京都町田市)
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
亜科 : Malvoideae
: フヨウ属 Hibiscus
: フヨウ H. mutabilis
学名
Hibiscus mutabilis
L.
和名
芙蓉
英名
Cotton rosemallow

フヨウ(芙蓉、Hibiscus mutabilis)はアオイ科フヨウ属落葉低木。種小名 mutabilisは「変化しやすい」(英語のmutable)の意。「芙蓉」はハスの美称でもあることから、とくに区別する際には「木芙蓉」(もくふよう)とも呼ばれる。

概要[編集]

日中の花の色の変化

中国台湾日本沖縄九州四国に自生する。日本では関東地方以南で観賞用に栽培される。は高さ1.5-3m。寒地ではに地上部は枯れ、に新たなを生やす。

は互生し、表面に白色の短毛を有し掌状に浅く3-7裂する。

7-10月始めにかけてピンクで直径10-15cm程度のをつける。咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花する。花は他のフヨウ属と同様な形態で、花弁は5枚で回旋し椀状に広がる。先端で円筒状に散開するおしべは根元では筒状に癒合しており、その中心部からめしべが延び、おしべの先よりもさらに突き出して5裂する。

果実さく果で、に覆われて多数の種子をつける。

同属のムクゲと同時期に良く似た花をつけるが、直線的な枝を上方に伸ばすムクゲの樹形に対し、本種は多く枝分かれして横にこんもりと広がること、葉がムクゲより大きいこと、めしべの先端が曲がっていること、で容易に区別できる。

南西諸島や九州の島嶼部や伊豆諸島などではフヨウの繊維で編んだ紐や綱が確認されている[1]甑島列島(鹿児島県)の下甑町瀬々野浦ではフヨウの幹の皮を糸にして織った衣服(ビーダナシ)が日本で唯一確認されている[2]。ビーダナシは軽くて涼しいために重宝がられ、裕福な家が晴れ着として着用したようである[3]。現存するビーダナシは下甑島の歴史民俗資料館に展示されている4着のみであり、いずれも江戸時代か明治時代に織られたものである[3]

変種・近縁種[編集]

スイフヨウ(酔芙蓉、Hibiscus mutabilis cv. Versicolor
朝咲き始めた花弁は白いが、時間がたつにつれてピンクに変色する八重咲き変種であり、色が変わるさまを酔って赤くなることに例えたもの。なお、「水芙蓉」はハスのことである。混同しないように注意のこと。
アメリカフヨウ(草芙蓉(くさふよう)、Hibiscus moscheutos: rose mallow
米国アラバマ州の原産で、7-9月頃に直径20cmにもなる大きな花をつける。草丈は1mくらいになる。葉は裂け目の少ない卵形で花弁は浅い皿状に広がって互いに重なるため円形に見える。この種は多数の種の交配種からなる園芸品種で、いろいろな形態が栽培される。なかには花弁の重なりが少なくフヨウやタチアオイと似た形状の花をつけるものもある。

画像[編集]

樹形の例 
葉の形状例 
めしべの曲がりが特徴的 
芙蓉の寺舎那院にて 
酔芙蓉(スイフヨウ) 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 下野敏見『南九州の伝統文化 Ⅱ民具と民俗、研究』南方新社、2005年

脚注[編集]

  1. ^ 下野 (2005)、106頁
  2. ^ 下野 (2005)、362頁
  3. ^ a b 下野 (2005)、98頁

外部リンク[編集]