フョードル・アプラクシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アプラクシンの肖像画。

フョードル・アプラクシンロシア語: Фёдор Матвеевич Апраксин)は、ロシア・ツァーリ国ロシア帝国軍人伯爵ピョートル1世に仕え、ロシア海軍の基礎を築いた。

生涯[編集]

フョードル・アプラクシンは、陸軍士官として軍歴を開始した。後のピョートル1世に皇太子の時代から側近として用いられた[1]

ピョートル1世が1693年に海軍の創設に着手するとアプラクシンは海軍に転籍し、ゲネラル・アドミラルen:General Admiral)の称号を与えられた海軍最高指揮官となった。アプラクシンは、海軍建設に熱心な主君の意を体して、忠実に職務に取り組んだ。草創期のロシア海軍では高級士官や幹部技術者として多数の外国人を雇い入れていたが、アプラクシンはこれらの外国人をうまく統率した。その功績は、ロシア海軍の創設と発展の第一功労者と評される[1]

1700年に勃発した大北方戦争では、1705年に創設されたばかりのバルト海艦隊を率いて、優勢なスウェーデン海軍と戦った。1714年ハンゲの海戦(ロシア側呼称:ガングートの海戦)では、艦隊指揮官としてガレー船同士の戦闘でスウェーデン艦隊に決定的な勝利を収めた[2]バルト海一帯での海上作戦をピョートル1世本人とともに指揮し、ヴィボルグフィンランドエストニアなどの占領を成功させた[1]

人物[編集]

アプラクシンは、当時のロシア貴族の多くと同じく、公金の私的使用をすることもあったと言われる。しかし、ピョートル1世の死後に海軍艦艇の保守が十分でない状況を見ると、私財を整備費用に投じたとの逸話も残されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 青木(1982年)、265頁。
  2. ^ 青木(1982年)、263頁。

参考文献[編集]

  • 青木栄一 『シーパワーの世界史(1)』 出版協同社、1982年。