フューチュリティステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フューチュリティステークスFuturity Stakes)とは競馬の競走である。2歳馬限定の競走として様々な地域に同名・類似名の競走が存在する。

英単語の「futurity」は「未来」「将来」を意味する「future」の派生形であり、特に「future」と区別した意味としては「未来の世代(future generation)」などの意味となる[1]。競馬の世界では、「juvenile」とならんで若馬を指す用語として使われるが、一般に競走馬が競走に出走するのは2歳になってからなので、一般に2歳馬限定の競走名に「futurity」が使用されている。

1880年にアメリカ・ニューヨークのブルックリンにシープスヘッドベイ競走場(en:Sheepshead Bay Race Track)が新設された。ここで行われた最初の大競走がサバーバンハンデ(1884-)で、その4年後の1888年にフューチュリティステークス(Futurity Stakes)が創設[2]された。このフューチュリティステークスは2歳牡馬限定の競走で、当時アメリカで最も賞金の多い競走だった。この競走に出走するためには、その馬が生まれる前の時点から登録料を払うことが条件で、それによって高額の賞金の原資としていた。この競走は、幾度かの移転を経て、2013年時点ではベルモントパーク競馬場で行われている。

現在では各地で2歳馬限定戦として「フューチュリティ」を称する競走が行われており、必ずしも牡馬限定でもなければ、出生前からの登録を要件とするものばかりではない。

主な「フューチュリティステークス」[編集]

2歳戦・G1競走[編集]

  • フューチュリティステークス-アメリカ・ベルモントパーク競馬場 - 上述の競走。1888年創設。正式名称はフューチュリティステークス(Futurity Stakes)だが[3]、後にアメリカ各地でフューチュリティ競走が作られると、それらと区別するため、特にベルモントフューチュリティステークスen:Belmont Futurity Stakes)とも通称される。長い間、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルにつながる、アメリカの2歳牡馬の競走としては最も重要な競走の一つとしてG1に格付けされてきたが、2004年からG2に降格した。
  • レーシングポストトロフィー - 旧名フューチュリティステークス(1976-1988)。イギリス・ドンカスター競馬場で行われる2歳牡馬・牝馬限定のG1競走で、1976年から1988年の間、「フューチュリティステークス」の名称で行われていた。この競走はしばしばスポンサーの交代があり、タイムフォーム誌がスポンサーの「タイムフォームゴールドカップ」、ジ・オブザーヴァー紙がスポンサーの「オブザーヴァーゴールドカップ」、ブックメーカーのウィリアム・ヒルがスポンサーの「フューチュリティステークス」(しばしば「ウィリアム・ヒル・フューチュリティステークス」(William Hill Futurity Stakes))、レーシングポスト誌がスポンサーの「レーシングポストトロフィー」と競走名が変遷している。「フューチュリティステークス」時代の勝馬からはリファレンスポイントが翌年のダービーステークスを制している[4]

その他のG1競走[編集]

その他の格付け済競走[編集]

  • フューチュリティステークス(en:Futurity Stakes (Ireland)) - アイルランドの2歳馬によるG2競走[6]。1950年に「アシュフォードキャッスルステイヤーズ(Ashford Castle Stayers)」の名称で始まり、何度も名称が変わっている。1980年代には名称が「フューチュリティステークス」に落ち着くが、スポンサーの交代によって数年おきに冠称が変わっている。1988年は“パナソニックスマーフィットフューチュリティ”、1989年から3年間は“パナソニックスマーフィットEBFフューチュリティステークス”、1999年から2年間が“キングオブキングスEBFフューチュリティステークス”、2001年は“キングオブキングスヨーロピアンブリーダーズファンドフューチュリティステークス”、2002年と2003年は“ガリレオEBFフューチュリティステークス”…といった具合である。近年の勝馬の中には、ウッドマンセントジョヴァイトジャイアンツコーズウェイニューアプローチなどがいる[7]

競走名に「フューチュリティ」が入る主な競走[編集]

2歳戦・G1競走[編集]

  • 朝日杯フューチュリティステークス - 日本競馬会(現在は日本中央競馬会)が1949年に創設した「朝日盃3歳ステークス」が2001年に改称したもの。ここでいう「3歳」は国際的な馬齢表記に合わせると2歳に相当するが、2001年に日本国内の馬齢表記がこの方式に改められたのに合わせて競走名を「朝日杯3歳ステークス」から「朝日杯フューチュリティステークス」に改称した。1949年の創設から1990年までは、朝日杯3歳ステークスと阪神3歳ステークスが東西の3歳(2歳)チャンピオン戦として機能してきたが、1991年からは「朝日杯」が牡馬、「阪神」が牝馬のチャンピオン決定戦と改定された。以来、「朝日杯3歳ステークス」(2001年以降は「朝日杯フューチュリティステークス」)はJRAの2歳牡馬チャンピオン戦として行われてきた。2014年に2歳競走体系の大幅な改組があり、2014年からは「朝日杯フューチュリティステークス」は従来の中山競馬場から阪神競馬場へ施行場を変えて行われることが発表されている[8]

2歳戦の重賞[編集]

  • アーリントンワシントンフューチュリティ(Arlington-Washington Futurity) - アメリカ・アーリントンパーク競馬場の2歳戦(AW8ハロン)。2012年の格付けはG3[3]
  • チャーリーパーマーフューチュリティ(Charlie Palmer Futurity)- アメリカ・フレスノ競馬場の2歳戦(ダート8ハロン)。2012年の格付けはL(リステッドレース[3]
  • ゴールドラッシュフューチュリティ(Gold Rush Futurity) - アメリカ・アラパホ(Arapahoe)競馬場で行われている。2013年現在は格付け外。1981年から1984年はG3に格付けされていた[10]

注釈・出典・参考文献[編集]

  1. ^ インターネット英英辞典2014年4月8日閲覧
  2. ^ ニューヨークタイムズ紙 1888年9月3日付2014年4月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f ICSC アメリカの格付け競走一覧2014年4月8日閲覧。
  4. ^ Galopp-Sieger レーシングポストトロフィー歴代勝馬2014年4月8日閲覧
  5. ^ JRA公式HP 2011年アジアマイルチャレンジの概要2014年4月8日閲覧
  6. ^ Galileo E.B.F. Futurity S.2014年4月8日閲覧
  7. ^ Galopp-Sieger アイルランドフューチュリティS勝馬一覧2014年4月8日閲覧
  8. ^ JRA公式HP 平成26年度競馬番組等について
  9. ^ ロスアラミトス競馬場公式HP ロスアラミトスフューチュリティ出走登録案内2014年4月8日閲覧。“Race formerly conducted as the Cash Call Futurity at Hollywood Park”
  10. ^ EQUIBASE Gold Rush Futurity2014年4月10日閲覧。