フペルジンA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フペルジンA
Huperzine A
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 102518-79-6
特性
化学式 C15H18N2O
モル質量 242.32 g/mol
融点

217-219 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フペルジンA (ヒューペルジンA、Huperzine A) はトウゲシバ (Huperzia serrata) に含まれるセスキテルペンアルカロイド[1]

フペルジンAは、ドネペジルリバスチグミン (Rivastigmine)、ガランタミン (Galantamine) と同様にアセチルコリンエステラーゼ阻害剤である。

アメリカ合衆国では、フペルジンAは記憶支援のための栄養補助食品(サプリメント)として販売されている。フペルジンAを含む植物は、中国において古くから腫れ、発熱、血液疾患の治療に用いられてきた。中国における臨床試験において、本化合物がアルツハイマー病の治療に効果があることが示されている他[2]、健康な若い学生を対象とした試験で、一回の学習において記憶力を増強させることが明らかにされている[3]

薬理作用[編集]

アセチルコリンエステラーゼ阻害[4][5]およびNMDA受容体拮抗作用[6]

フペルジンAとアセチルコリンエステラーゼの複合体構造はX線結晶構造解析により明らかにされている (PDB code: 1VOT[7])。これはドネペジルやガランタミンなどのアルハイマー病治療薬と同じ作用機構である。NMDA受容体アンタゴニストとしては、グルタミン酸による損傷からを保護し、また神経成長因子のレベルを増加させる。

フペルジンAはまた、アメリカの医科学分野でも注目されており、神経変性を特徴とする疾患、特にアルツハイマー病に対する有望な治療薬として研究が進められている[8][9]

現在、アメリカ国立老化研究所はアルツハイマー病治療薬として、フペルジンAの安全性および有効性を評価する第II相試験として、認知機能に対する効果を調べるためランダム化比較試験を行っている[10]

可能性のある副作用は、呼吸障害、喉あるいは胸の圧迫感、胸痛、蕁麻疹、発疹、肌のかゆみあるいはむくみ、胃のむかつき、下痢、吐き気、行動過剰、不眠症などである[11]。フペルジンAは良好な耐容性を示す[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kozikowski, Alan P.; Tueckmantel, Werner (1999). “Chemistry, Pharmacology, and Clinical Efficacy of the Chinese Nootropic Agent Huperzine A”. Accounts of Chemical Research 32 (8): 641–650. doi:10.1021/ar9800892. 
  2. ^ J Neural Transm. 2009 Apr;116(4):457-65. Epub 2009 Feb 17
  3. ^ Zhongguo Yao Li Xue Bao. 1999 Jul;20(7):601-3. Huperzine-A capsules enhance memory and learning performance in 34 pairs of matched adolescent students.
  4. ^ Tang, X. C.; He, X. C.; Bai, D. L. (1999). “Huperzine A: a novel acetylcholinesterase inhibitor”. Drugs of the Future 24 (6): 647–663. doi:10.1358/dof.1999.024.06.545143. 
  5. ^ Chem Biol Interact. 2008 Sep 25;175(1-3):387-95. Epub 2008 May 23.
  6. ^ J Neural Transm. 2009 Apr;116(4):457-65. Epub 2009 Feb 17
  7. ^ OCA Atlas for 1VOT
  8. ^ Zangara, A (2003). “The psychopharmacology of huperzine A: an alkaloid with cognitive enhancing and neuroprotective properties of interest in the treatment of Alzheimer's disease”. Pharmacol Biochem Behav. 75 (3): 675–86. doi:10.1016/S0091-3057(03)00111-4. 
  9. ^ Bai, D. L.; Tang, X. C.; He, X. C. (2000). “Huperzine A, a potential therapeutic agent for treatment of Alzheimer's disease”. Current Medicinal Chemistry 7 (3): 355–374. 
  10. ^ Alzforum- Drugs In Clinical Trials - Huperzine A”. 2009年9月23日閲覧。
  11. ^ PDR entry for Huperzine A
  12. ^ J Neural Transm. 2009 Apr;116(4):457-65. Epub 2009 Feb 17. Efficacy and safety of natural acetylcholinesterase inhibitor huperzine A in the treatment of Alzheimer's disease: an updated meta-analysis.