フフーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フフーフ
الهفوف‎
Hofuf
フフーフの通り
フフーフの位置
フフーフ
サウジアラビア内の位置
座標: 北緯25度23分0秒 東経49度35分0秒 / 北緯25.38333度 東経49.58333度 / 25.38333; 49.58333
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
東部州
人口 (2004年)
 - 計 287,841人
市外局番 +966-3
ウェブサイト [1]

フフーフ若しくはホフフホフーフアラビア語:الهفوف‎)とは、サウジアラビア王国東部州にある都市である。

概要[編集]

フフーフはアル=アフサーのオアシスにある都市で、人口は2004年で287,841人である。ビカイクの南東にあってダーランダンマームアル=ホバル等の大都市圏から南のハラドへの道の中途にある。また、この都市はガワール油田に最も近い都市である。

フフーフはサウジアラビアの文化の中心となる都市の一つである。有名人も数多く住んでいる。ファイサル王大学の獣医学部及び文化人類学部が市内に所在する(他学部はダンマーム)。このキャンパスではアラビア人女性でも薬学、歯学、住居学を履修出来る。

アラビア人の間では最も有名であろう話、ライラとマジュヌーンに登場するような伝説の墓場がある場所とされる。また、シバ王国の王女も現在のイエメンよりやってきてこの都市に立ち寄ったと言う。

民族[編集]

20世紀初頭、フフーフの人口は約25,000人であり、内75%がスンナ派、残りがシーア派十二イマーム派とされている。両派が共存したまま現在に至っており、この辺りの地域はアラビア半島に於けるスンナ派のマーリキー派の歴史的に重要な地点となっている。

交通[編集]

市内にアル=アフサー空港アル=アフサー国内空港の二つの空港が立地しており、130km離れたキング・ファハド国際空港へと就航している。古い方は放棄されているが、新しい方の空港はサウジアラムコ社によって使われ、サウジアラビア航空が週二便ではあるがジッダに向かって就航している。

また、鉄道に於いてはフフーフはペルシャ湾より直接リヤドへ向かう路線とハラド経由でリヤドへ向かう路線の分岐地点となっている。