フッ化ビニリデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フッ化ビニリデン
vinylidene fluoride
識別情報
CAS登録番号 75-38-7 チェック
国連番号 2347
特性
化学式 C2H2F2
外観 無色の気体
密度 2.2g/cm3
融点

-144℃

沸点

-83℃

への溶解度 不溶
危険性
主な危険性 爆発性
発火点 640 °C
関連する物質
関連物質 1,1-ジクロロエチレン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化ビニリデン: vinylidene fluoride)は化学式C2H2F2で表される化合物。

性質[編集]

常温ではエーテル様の特徴的な臭気のある無色の気体[1]。蒸気密度は2.2g/cm3で、空気より重い。

用途[編集]

フッ素樹脂やフッ素ゴム、ポリフッ化ビニリデンのコモノマーとして利用される[1]

安全性[編集]

爆発性のある過酸化物を生成したり、重合により大量に放熱することがある。加熱により激しく燃焼、または爆発する。酸化剤と激しく反応する。燃焼や加熱により、フッ化水素などのフッ素化合物を含む有毒ガスを生じる[1][2]。ラットを用いた実験での半数致死濃度(LC50、4時間換算値)は100000ppmで、眼や皮膚への刺激性は確認されていない。ヒトへの曝露により、弱い麻酔作用がある[1]

脚注[編集]