フッ化ビスマス(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フッ化ビスマス(III)
Bismuth trifluoride
識別情報
CAS登録番号 7787-61-3
PubChem 82233
ChemSpider 21172751
特性
化学式 BiF3
モル質量 265.97550 g/mol
外観 灰白色の粉末
密度 5.32 g cm-3[1]
融点

690℃[2]

沸点

900℃[2]

への溶解度 水に不溶[2]
溶解度 硫酸硝酸酢酸アセトン、熱した塩酸に可溶
液体アンモニアに不溶[2]
構造
結晶構造 斜方晶系, oP16, SpaceGroup = Pnma, No. 62 (β phase)
危険性
主な危険性 刺激性
Rフレーズ R36/38
Sフレーズ S26
引火点 不燃性
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化ビスマス(III)(フッかビスマス、: Bismuth trifluoride)はビスマス三フッ化物で、化学式BiF3で表される無機化合物。三フッ化ビスマスとも呼ばれる。

合成[編集]

酸化ビスマス (III)フッ化水素酸とを反応させることにより得られる[3]

Bi2O3 + 6 HF → BiF3 + 3 H2O

構造[編集]

α-BiF3立方晶型の結晶構造を持つ(ピアソン記号 (Pearson symbol cF16, 空間群 Fm-3m, No. 225)。β-BiF3フッ化イットリウム(III)のような9つの配位子を持つ、歪んだtricapped trigonal prism構造をとる[4]。この構造体は一般にイオン性であると考えられ、ビスマスより軽い第15族元素のフッ化物である三フッ化リン(PF3)、三フッ化ヒ素(AsF3)、三フッ化アンチモン(SbF3)と対比される[4]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.alfa.com/content/msds/english/11844.pdf
  2. ^ a b c d 製品安全データシート (PDF)高純度化学研究所
  3. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  4. ^ a b Wells A.F. (1984) Structural Inorganic Chemistry 5th edition Oxford Science Publications ISBN 0-19-855370-6