フッ化カルボニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フッ化カルボニル
Carbonyl fluoride
識別情報
CAS登録番号 353-50-4 チェック
ChemSpider 9246 チェック
国連番号 2417
RTECS番号 FG6125000
特性
化学式 COF2
モル質量 66.01 g mol−1
外観 無色の気体
密度 2.698 g dm−3 (気体)
融点

-111.26℃

沸点

-84.57℃

への溶解度 加水分解
構造
分子の形 C2v
双極子モーメント 0.95 D
危険性
MSDS ICSC 0633
主な危険性 有毒
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
4
0
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 ホスゲン臭化カルボニル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化カルボニル(フッかカルボニル、: Carbonyl fluoride)は、化学式COF2で表される化合物。

性質[編集]

常温では無色の気体で、吸湿性と刺激性がある。分との接触により、二酸化炭素フッ化水素とに分解する。

\mathrm{COF_2 + H_2O \longrightarrow CO_2 + 2 \ HF}

四フッ化炭素を加水・加熱することにより得られる。

\mathrm{CF_4 + H_2O \longrightarrow COF_2 + 2 \ HF}

または、一酸化炭素フッ素との直接合成によっても得られる可能性がある[1]

\mathrm{CO + F_2 \longrightarrow COF_2}

用途[編集]

化学工業で、フッ化水素供給源として用いられる。

安全性[編集]

ラットを用いた実験での半数致死濃度(LC50、4時間換算値)は180ppm[2]。眼や皮膚に対し刺激性がある[2]。空気より重い気体であり、高濃度のガスを吸入すると肺水腫を起こすことがある[3]。不燃性であるが、上述の通り加水分解により有毒なフッ化水素を生じるため、周囲の火災時には水系の消火剤は使用できない[3]

脚注[編集]

  1. ^ G. Brauer (Hrsg.), Handbook of Preparative Inorganic Chemistry 2nd ed., vol. 1, Academic Press 1963, S. 206-8.
  2. ^ a b 製品安全データシート(安全衛生情報センター)
  3. ^ a b 国際化学物質安全性カード