フッ化イリジウム(VI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フッ化イリジウム(VI)
識別情報
CAS登録番号 7783-75-7
特性
化学式 IrF6
モル質量 306.2
外観 黄色固体
密度 5.11 g cm−1 (−140 °C)
融点

44 °C

沸点

53 °C

溶解度 HFに可溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化イリジウム(VI)(フッかイリジウム ろく、: iridium(VI) fluoride)は、化学式が IrF6 と表されるイリジウム六フッ化物である。六フッ化イリジウムとも呼ばれる。揮発性の非常に不安定な黄色固体で、分子構造は八面体形である(Ir-F 結合長は 183.3 pm)。イリジウムの酸化数が最高値の+6である数少ない化合物のうちの1つで、イリジウムとフッ素を直接反応させることによって得られるが、熱的に非常に不安定で、分解を避けるために反応混合物を冷却しながら反応させなければならない。

参考文献[編集]

  • Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419 
  • Drews, T; Supeł, J; Hagenbach, A; Seppelt, K (May 2006). “Solid state molecular structures of transition metal hexafluorides”. Inorganic chemistry 45 (9): 3782–3788. doi:10.1021/ic052029f. PMID 16634614.