フセヴォロド・メルクーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フセヴォロド・メルクーロフ
Всеволод Меркулов
Merkulov Vsevolod Nikolaevich.jpg
生年月日 1895年10月25日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ザカタリスキー管区ザカタルイ
没年月日 1953年12月23日(58歳)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR (1937-1954).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ

任期 1946年3月19日 - 1946年5月7日
テンプレートを表示

フセヴォロド・ニコラエヴィチ・メルクーロフロシア語: Всеволод Николаевич Меркулов, ラテン文字転写: Vsevolod Nikolaevich Merkulov1895年10月25日 - 1953年12月23日)は、はソビエト連邦政治家ソ連共産党の活動家、チェキスト。国家保安人民委員(国家保安相)。上級大将。

生涯[編集]

カフカーズ総督府ザカタリスキー管区のザカタルイで軍人の一家に生まれる。1913年、チフリス中学校を金メダルで卒業し、サンクト・ペテルブルク大学物理・数学部に入学。

1921年~1922年、グルジアチェーカー輸送課取調官。1925年~1931年、ゲーペーウー(GPU)副議長/秘密作戦局長。

1931年からグルジア共産党の業務に移る。1931年11月~1934年2月、ザカフカーズ地方委員会書記補佐官、中央委員会第一書記。1934年3月~1936年11月、ザカフカーズ地方委員会貿易会議副主任、特別班主任。1936年11月~1937年9月、中央委員会特別班主任。1937年7月~1938年10月、中央委員会産業・輸送課主任。

1938年9月~12月、内務人民委員部(NKVD)国家保安総局副総局長/第3課長。1938年12月~1941年2月、第一副内務人民委員/国家保安総局長。1941年2月~7月、国家保安人民委員。1941年7月~1943年4月、第一副内務人民委員。1943年4月~1946年5月、国家保安人民委員(国家保安相)。

1947年2月から対外貿易関係の仕事に移る。1950年10月~1953年9月、国家監督相。

NKVDからの上司であったラヴレンチー・ベリヤが政争に敗れたため、国家反逆罪で1953年9月18日に逮捕され、同年12月23日に銃殺された。現在に至るまで名誉回復はされていない。

パーソナル[編集]

「チェーカー・GPU名誉職員」記章、レーニン勲章トゥヴァ共和国勲章、一等クトゥーゾフ勲章赤旗勲章を受章。

先代:
-
ソ連国家保安相
1946年
次代:
ヴィクトル・アバクーモフ