フセヴォロド・ムスチスラヴィチ (ヴォルィーニ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フセヴォロド・ムスチスラヴィチロシア語: Всеволод Мстиславич1155年以降 - 1195年)はムスチスラフ2世の子、ロマンの弟にあたる人物である。ベルズ公1170年 - 1195年ヴォルィーニ公1188年聖名はドミトリー。

父の死後、ロマンがヴォルィーニ公を継ぎ、フセヴォロドら他の兄弟はヴォルィーニ公国の西部を分領公国として継いだ。(フセヴォロドはベルズ公、スヴャトスラフがベレスティエ公、ウラジーミルがチェルヴェンスク公[1]。)また、フセヴォロドはおじであるルーツク公ヤロスラフの軍事行動に参加し、1170年代の最初にキエフで戦った。ヤロスラフは1174年よりキエフ大公となった。

2人の弟の死後、ベレスティエはヴォルィーニ公国の所有地(ru)から分離し、チェルヴェンスクはベルズ公国から分離した。1188年、ロマンの最初のガーリチからの撤退の後、フセヴォロドはルーシの伝統的な継承法(ru)に従ってヴォルィーニ公となった。この時ロマンはフセスラフを攻撃せずにヴォルィーニへ帰り、フセヴォロドはヴォルィーニ公国の首都のウラジーミルを強化した。その後の、ポーランド人の援助をもってヴォルィーニ公位を取り戻そうとするロマンの画策は不首尾に終わった。しかし、オーヴルチ公でロマンの義父にあたるリューリク(ru)と、共同統治をしていたキエフ大公スヴャトスラフ3世(ru)が介入するや否や、フセヴォロドはヴォルィーニ公位を譲ることになった。

1199年、既にフセヴォロドは死去していたが、公位を求めるロマンによる2度目の紛争が起きた。しかし1188年に、短期間とはいえフセヴォロドがヴォルィーニ公の座にあったことで、フセヴォロドの子たちはイズゴイ・クニャージ(継承権を持たない公)とはならずにすんでいた。よって1205年にロマンが死去した後に、ロマンの若い子たちよりも優先して、フセヴォロドの子がヴォルィーニ公位を正式に請求することができた。

妻子[編集]

妻の名は不明である。子には以下の人物がいる。

  • アレクサンドル(ru)ベルズ公、ヴォルィーニ公。
  • フセヴォロド(uk):ベルズ公、チェルヴェンスク公。

出典[編集]

  1. ^ Пресняков А. Е. Княжое право в Древней Руси. Лекции по русской истории. Киевская Русь — М.: Наука, 1993.

外部リンク[編集]