フクロモモンガ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フクロモモンガ科
Sugies03 hp.jpg
フクロモモンガ Petaurus breviceps
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: カンガルー目 Diprotodontia
上科 : フクロモモンガ上科 Petauroidea
: フクロモモンガ科 Petauridae
Bonaparte, 1838

フクロモモンガ科(Petauridae)は、哺乳綱カンガルー目に属するの1つ。リングテイル科フクロミツスイ科Acrobatidaeとともにフクロモモンガ上科を形成している。

分布[編集]

インドネシアニューギニア島)、オーストラリアパプアニューギニア(ニューギニア島)

形態[編集]

非常に大きく下部の前部門歯および4咬頭性大臼歯がある。

生態[編集]

フクロモモンガ属は雑食で、樹液果汁を好物としているが、補給する食性はバラエティーに富んでいる。フクロモモンガ属はオーストラリアの開かれた森林の中で進化したと見られ、飛膜は不完全な林冠(途切れた樹木間)や、小さな雨林などの場で機動性を発揮する。しかし現在ニューギニアや、近隣の多くの小島に生息する。生物学的には別系統にあるムササビとの外観上の類似性は、収斂進化によるものである。

フクロシマリス属は、ニューギニアで進化したと考えられ、唯一のオーストラリア種(ヨーク岬のフクロシマリス)はニューギニアから分布を広げたものである。この属は昆虫捕食者であり、昆虫を捕らえるための特性を有している。踵のような構造をした手首で、昆虫の幼虫の居る木を叩く。そして彼らは掘り進み、捕獲用の第4指を使ってそれらを得る。

分類[編集]

フクロシマリス属 Dactylopsila

フクロモモンガダマシ属 Gymnobelideus

フクロモモンガ属 Petaurus

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Jones, C. and Parish, S. (2006). Field Guide to Australian Mammals. Steve Parish Publishing Pty. Ltd (pp. 86, 89). ISBN 1-74021-743-8
  • Barbara Triggs, Tracks, Scats and Other Traces - A Field Guide to Australian Mammals, Qxford