フクロウナギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フクロウナギ
Eurypharynx pelecanoides.jpg
Eurypharynx pelecanoides
Vaillant, 1882
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: フウセンウナギ目 Saccopharyngiformes
亜目 : フウセンウナギ亜目
Saccopharyngoidei
: フクロウナギ科
Eurypharyngidae
: フクロウナギ属
Eurypharynx Vaillant, 1882
: フクロウナギ E. pelecanoides
学名
Eurypharynx pelecanoides
Vaillant, 1882
英名
Pelican eel

フクロウナギ(袋鰻、英:Pelican eel)は、フウセンウナギ目フクロウナギ科に属する魚類。フクロウナギ科は1科1属1種の単型である。

分布・生態[編集]

フクロウナギは大西洋インド洋太平洋温帯熱帯域など世界中の温暖な海に分布し、主に水深550-3,000m[1]の中層に暮らす深海魚である。日本では宮城県高知県などの太平洋側で見られるが、特に小笠原諸島近海の水深1200m-1400m付近では比較的普通に見られるという。

海底から離れた中層を不活発に漂って生活する、遊泳性深海魚の1種である。餌は主に甲殻類などのプランクトンで、小型の魚類や頭足類も捕食するとみられている[2]

形態[編集]

最大全長100 cm[2]。口は非常に大きい。両顎には多数の微小な歯が並び、目は小さく頭の先端近くにある[1]背鰭の起点が頭部に位置することが、近縁のフウセンウナギとの明瞭な鑑別点となる[1]。尾部は細長く、尾鰭を欠く。尾部の先端には発光器が存在し、ルアーのように用いて餌をおびき寄せる可能性がある。外鰓孔は小さい。

他のフウセンウナギ目の仲間と同様、接続骨・鰓蓋骨・鰓条骨・肋骨を欠き、幽門垂(うきぶくろ)などを持たない。ウナギ目などカライワシ上目の魚類に共通する特徴として、レプトケファルス幼生(葉形幼生)期を経て成長する。

分類[編集]

属名Eurypharynxギリシア語の eurys 「広い」および pharynx 「のど」に由来し、巨大な口腔を表現したもの。属名からユーリファリンクス、あるいはマクロファリンクスMacropharynx:makros(ギリシア語:長い)+ pharynx)[3]と呼ばれることもある。種小名pelecanoidesは「ペリカンのような」の意で、口の形状に由来する。

フクロウナギ科は1科1属1種で、フクロウナギ E. pelecanoides のみを含む。その奇妙な形態から、かつては硬骨魚類ではないと考えた研究者もいた[4]。2000年代に行われたミトコンドリアDNA解析では、本科および他のフウセンウナギ目魚類はウナギ目の内部に分岐し、特にシギウナギ科ノコバウナギ科ウナギ科に近縁であることが示唆されている[5][6]

  • フクロウナギ属 Eurypharynx
    • フクロウナギ Eurypharynx pelecanoides

ギャラリー[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本の海水魚』 p.90
  2. ^ a b FishBase_Eurypharynx pelecanoides
  3. ^ 学名としての Macropharynx は、双子葉植物キョウチクトウ科に含まれるの一つを指す。
  4. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.125
  5. ^ Inoue JG, Miya M, Miller MJ, Sado T, Hanel R, Hatooka K, Aoyama J, Minegishi Y, Nishida M, Tsukamoto K (2010). “Deep-ocean origin of the freshwater eels”. Biol Lett (in press). 
  6. ^ Inoue JG, Miya M, Tsukamoto K, Nishida M (2003). “Evolution of the deep-sea gulper eel mitochondrial genomes: large-scale gene rearrangements originated within the eels”. Mol Biol Evol 20 (11): 1917-1924. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]