フクハラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フクハラは、アークスグループが展開するスーパーマーケットのブランド名である。

ラルズと並ぶアークスグループ内の中核企業である「株式会社福原」が経営していた店舗の名称で現在でもその多くは同社が運営しているが、アークスグループの組織再編に伴い、2005年(平成17年)2月期に6店舗を「ラルズ」と「道東ラルズ」に移管した[1]

歴史・概要[編集]

創業から帯広地区最大手の食品スーパーへ[編集]

福原治平が[2][3]1947年(昭和22年)に鹿追店を開業したのが始まりである[4]

1958年(昭和33年)5月に[5]株式会社福原商店設立[6]「株式会社福原商店」として法人化した[4]

1960年(昭和35年)に福原商店が鹿追町の店舗を改装して「屈足フードセンター」を開店してセルフサービス方式のスーパーマーケット事業へ参入した[7]

このスーパーマーケット「現金販売の代わりに全商品を1割引き」を旗印にセルフサービス方式の普及を目指した[7]

1967年(昭和42年)には帯広初進出[8][7]、1968年(昭和43年)には経営の苦しくなった釧路のスーパーを吸収合併して十勝管外進出を果した[7]

1995年(平成7年)2月に美幌町のスーパー「株式会社うらべ」の全株式と同社の不動産管理部門である「浦部産業株式会社」の株式を取得して子会社化し、北見・網走管内への進出も図った[9]

出店地域を徐々に拡大したものの、ドミナント戦略と呼ばれる出店地域を限定して地域内での占拠率を高める方式を採り、規模の拡大よりも収益性を重視する効率性の高い運営を目指し、自己資本比率の比較的高い強靱な財務体質を築いた[5]

こうした経営方針もあり、本拠地である帯広地区では、「ダイイチ」や「いちまる」、「オーケー(フジトモ)」の間では出店する地区を事実上すみ分けて商圏が重なることに伴う過当競争を避け[10]、共存共栄する暗黙の合意があったと言われている[10]

その結果、当社は帯広の地場資本のスーパーマーケットでは最大手となり、1999年(平成11年)の北海道内のスーパーマーケット上位20社に当社に加えて「ダイイチ」と「いちまる」の帯広地区3社が入ることになった[11]

ラルズとの統合でアークスへ[編集]

ラルズ」が当社の本拠地である帯広地区に進出する話が具体化し始めたことから同じ帯広の「いちまる」が競合を回避したいとして[11]、2000年(平成12年)1月27日に「ラルズ」と資本・業務提携することで合意したことを発表し、同年5月末をめどに第3者割当増資により「ラルズ」が「いちまる」の発行済み株式の20%を取得することになった[12]

この資本・業務提携は「ラルズ」が20%の株式を取得して「いちまる」を持ち分法の適用対象とする形であったため、「ラルズ」の帯広地区への事実上の進出として大きな衝撃を受けることになった[11]

ところが、2002年(平成14年)5月13日に今度は当社が「ラルズ」と経営統合に関する覚書を締結し、持ち株会社を設立して共にその傘下に入る形で経営統合することを発表した[13]

この経営統合が発表された際に「ラルズ」の横山社長は「いちまる」にも参加してもらえる形になるようにしたいと会見の場でも合流を呼び掛け[14]、「いちまる」も持ち株会社への参加にについて検討中としていた[15]

しかし、「ラルズ」側が経営統合の具体的な条件提示を行わなかったうえ、同地区でより規模の大きな当社が先に統合を決めたところに参画することになることで事実上傘下に入る形になることへの抵抗があったことから「いちまる」は経営統合で誕生する「アークス」への参画を見送ることになった[14]

そのため、2002年(平成14年)11月1日に「株式会社アークス」を持ち株会社として、当社と「ラルズ」の2社が傘下に入る形での経営統合となった[16]

この経営統合に参加しなかった「いちまる」は地場資本のスーパーマーケットとしての運営継続を目指すことを表明し、翌月の12月11日には取引先などに2003年(平成15年)2月末で「ラルズ」との共同仕入れから離脱することを伝え、事実上提携を解消することになった[17]。 (「いちまる」の提携の変遷などのその後の経緯はいちまる (スーパーマーケット)を参照)

アークスグループの事業再構築・子会社店舗の地域別再編成として、2005年(平成17年)2月期に「道東ラルズ」に4店舗、「ラルズ」に「恵み野店」と「島松店」を各々移管すると共に、当社は「道東ラルズ」の「ビッグハウス釧路店」を継承した[1]

年表[編集]

  • 1947年(昭和22年) - 十勝管内鹿追町にて創業[4]
  • 1958年(昭和33年)5月[5] - 株式会社福原商店を設立[4] (法人組織に改組)
  • 1960年 - 鹿追町の店舗を改装し、セルフサービス方式スーパーマーケット「屈足フードセンター」を開店[7]
  • 1965年(昭和40年) - ホテル福原荘(現・ホテル福原)開業[7]
  • 1967年(昭和42年) - 帯広市に進出[8][7]
  • 1968年(昭和43年) - 釧路地区に進出[7]
  • 1973年(昭和48年) - 本社を帯広市に移転[7]
  • 1989年(平成元年) - CIを導入し、社名(商号)を株式会社福原に変更[7](ストアネーム(屋号)を「フクハラ」に変更)
  • 1994年(平成6年)3月29日 - 日本証券業協会に株式を公開[18]
  • 2002年(平成14年)
    • 5月13日 - 「ラルズ」と経営統合に関する覚書を締結[13]
    • 10月28日 - 上場廃止
    • 11月1日 - 株式会社ラルズと経営統合[16]。株式会社ラルズが、株式会社「株式会社アークス」に商号変更したうえで、完全子会社として(新)株式会社ラルズを設立して純粋持株会社へ移行。株式会社福原は、株式交換により、株式会社アークスの完全子会社となる。
  • 2004年(平成16年)10月 - 北見地区の「フクハラ」4店舗を株式会社道東ラルズ営業譲渡

店舗[編集]

帯広市内

  • 自由が丘店(24時間営業店舗)
  • いっきゅう店(1985年(昭和60年)11月開店[19]。1997年(平成9年)に[20]2番館を増設した[21]。2009年(平成21年)12月に写真専門のギャラリー「いっきゅうフォトギャラリー」を開設した[22]。)
  • 西5条店
  • 西12条店(2009年(平成21年)10月移転新築[23]
  • 西15条店
  • 大空店
  • 弥生店(西7条南29丁目[24]、店内にしまむらが出店[24]
  • 長崎屋店(2011年(平成23年)9月に閉鎖した長崎屋帯広店の旧食品売場に、同年11月に開店[25]
  • ぴあざフクハラ西帯広店(西23条南3丁目[24]、2000年(平成12年)12月開店[19]
  • ぴあざフクハラ西18条店(西18条北1丁目[26]、24時間営業店舗。帯広大谷短期大学生活科学科の学生が考案したヘルシー弁当を2009年(平成21年)11月24日から発売した[26]。)

十勝地区

  • 新得店
  • 清水店
  • 屈足店
  • 鹿追店
  • 芽室店(「有限会社ショッピングモールめむろ」が1998年(平成10年)11月に開設した再開発ビルの核店舗として出店[27]。)
  • 幕別店
  • 若草店
  • 大樹店(2000年(平成12年)8月に雪印乳業大樹工場で製造していた脱脂粉乳から黄色ブドウ球菌の毒素が検出された[28]際には、地元顧客の要望などを考慮して当地区にある雪印製品の販売を他店と共に続けた[29]。)
  • るる店(2014年(平成26年)11月1日に広尾店と統合し、るるマート店から店名変更[30]。)
  • 浦幌店
  • 池田店
  • 本別店
  • 足寄店(2006年(平成18年)3月開店[19]
  • すずらん台店 (2010年(平成22年)11月開店[19]
  • ぴあざフクハラ音更店(音更町木野大通東16[24]、1994年(平成6年)7月開店[19]、2002年(平成14年)増床、店内にしまむらが出店[24]
  • ぴあざフクハラ札内店(幕別町札内青葉307[26]、1992年(平成4年)9月開店[19]、2008年(平成20年)9月隣接地へ移転。帯広大谷短期大学生活科学科の学生が考案したヘルシー弁当を2009年(平成21年)11月24日から発売した[26]。)

釧根地区

  • ぴあざフクハラ星が浦店 (1995年(平成7年)12月開店[31]
  • 双葉店
  • 愛国店(2004年(平成16年)3月に移転新築[32]
  • 中園店(2002年(平成14年)3月29日にスーパーまつだ跡に開店[33]。2011年(平成23年)4月16日に閉店し[34]、同一敷地にて建替えて[34]ツルハなどの入居する4棟からなるショッピングセンターとなり[35]、同年11月新装開店)
  • 光和店
  • 春採店
  • 昭和店
  • 桂木店 (1996年(平成8年)3月開店[31]
  • 春日店 (1996年(平成6年)3月開店[36]
  • 武佐店
  • 公立大前店(2010年(平成22年)4月開店[19]。2010年(平成22年)1月に経営破綻した妹尾商店が運営していたセオチェーン[37]の店舗であった。)
  • 摩周店(2003年(平成15年)8月24日で閉店した「ショッピングプラザ摩周」の後継店舗として開業した[38]。)
  • 標茶店(2005年(平成17年)7月開店[19]
  • 厚岸店(2006年(平成18年)10月26日開店[39]
  • 中標津店(2005年(平成17年)6月に閉店した[40]東武の店舗を解体され[41]、その跡地に2008年(平成20年)4月26日に開店した[42]。)
  • 別海店(2009年(平成21年)3月開店[19]
  • ビッグハウス釧路店 (元十條サービスセンター)
  • ビッグハウス旭町店 (2011年(平成23年)4月23日開店[43]
  • ビッグハウス中標津店 (2004年(平成16年)12月開店[19]

北見地区(道東ラルズ運営)

  • タイガー店
  • 三輪店 (1997年(平成9年)10月開店[44]

過去に存在した店舗[編集]

帯広市内

  • 中央店(2013年(平成25年)1月20日閉店[45][46])。
  • 同月駅前ビル店(1996年(平成6年)11月閉店[36]
  • ニュータウン店 (1997年(平成9年)6月5日開店[44][47]
  • 東2条店
  • 緑西店
  • 西帯広2丁目店(1997年(平成9年)6月5日開店[44][47]、ぴあざフクハラ西帯広店開店により店名変更した。)

十勝地区

  • 池田店(1996年(平成6年)11月閉店[36]
  • 広尾店(2014年(平成26年)10月28日閉店、るるマート店へ統合。)

北見地区

  • ぴあざフクハラ桜町店(2000年(平成12年)10月開店[19]、業態転換して2010年(平成22年)11月19日にスーパーアークス桜町店として新装開業した[48]。)
  • とん田西町店(1996年(平成6年)3月開店、2012年(平成24年)3月閉店[36][49]

釧根地区

  • アベニュー店 (2003年(平成15年)9月6日に開業した[50]アベニュー946のグリーンキャロットの後継店舗として2006年(平成18年)12月26日に開店したが[51]、2011年(平成23年)4月12日に閉店することになった[52][43]。)
  • 鳥取店(2011年(平成23年)4月9日閉店[43]

札幌地区

  • 上野幌店(1991年(平成3年)11月開店[53]、1996年(平成6年)11月閉店[36]

脚注[編集]

  1. ^ a b “アークス、2005年2月期決算は道内初の売上高2000億円突破”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月2日)
  2. ^ “「福原」創業・福原治平さん私設美術館 今夏開館へ展示進む 日本画、彫刻150点ずらり 鹿追”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年5月19日)
  3. ^ “福原治平氏(スーパー福原創業者、名誉会長)3月10日死去”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年3月13日)
  4. ^ a b c d 近藤政晴(2002年4月10日). “元気“発信”とかちの企業 福原・福原朋治社長”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  5. ^ a b c “北海道食品産業特集:本紙札幌支局50周年に寄せて=福原・福原社長”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年7月5日)
  6. ^ “福原、新社長に福原明治氏”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年7月29日)
  7. ^ a b c d e f g h i j “スーパー 互いに切磋琢磨し発展”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2000年5月23日)
  8. ^ a b “北海道食品産業特集 近未来を占う=福原・福原明治”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1996年7月30日)
  9. ^ “福原(スーパー)、網走のうらべを吸収 子会社へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年2月20日)
  10. ^ a b 酒井 花(2002年12月31日). “22―2121 この1年(9)札内スーパー競争”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  11. ^ a b c 近藤政晴 (2000年12月31日).“いちまるとラルズ提携 流通戦争の厳しさ実感」”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  12. ^ “ラルズ、いちまると提携 株式20%を取得 「ビッグハウス」共同出店”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2000年1月28日)
  13. ^ a b 鈴木斉(2002年5月14日). “スーパー福原・ラルズ経営統合 11月に持ち株会社 店舗数122店 総売上高1800億円 道内最大規模に”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  14. ^ a b 近藤政晴(2002年10月5日). “ラルズ、福原の持ち株会社「アークス」 いちまる参加見送り”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  15. ^ 近藤政晴(2002年5月15日). “再編加速~福原+ラルズ経営統合(下)動き”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  16. ^ a b “北海道最大の流通勢力「アークス」が始動、売上高2000億円目指す”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年11月4日)
  17. ^ 近藤政晴(2002年12月11日). “いちまる ラルズの共同仕入れ離脱 業務提携を実質解消 来年2月末 「アークス」参加遠のく”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  18. ^ “福原、3月29日株式店頭公開 道央へ積極進出”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年4月4日)
  19. ^ a b c d e f g h i j k “株式会社 福原 会社案内”.(株式会社福原).
  20. ^ “市内中心部、休日通行量大幅ダウン”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (1997年12月20日)
  21. ^ 中橋敏明(1996年7月29日). “大型店新設相次ぐ帯広 増床含め1年間で13件~大店法緩和が追い風”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  22. ^ “【文化この1年】 写真・映画編”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2009年12月25日)
  23. ^ 『アークス 平成22年2月期 決算短信』 アークス、2010年4月13日。
  24. ^ a b c d e 近藤政晴、酒井花(2001年6月16日). “ユニクロが十勝出店へ 数カ所の物件検討”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  25. ^ “長崎屋帯広店に福原出店 先月閉鎖の食品売り場 来月中旬にも再開 就業希望の従業員採用へ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2011年10月4日)
  26. ^ a b c d 児玉匡史(2009年11月25日). “好評!学生考案「ヘルシー弁当」 管内スーパーで販売中”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  27. ^ 佐藤いづみ(1998年1月12日). “商店街の挑戦~全国先進地ルポ-1-山形県小国町~地元業者で複合商業施設建設”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  28. ^ “雪印大樹工場、脱脂粉乳から毒素 「寝耳に水」 驚く社員ら 「安全に自信」崩れる 農協 イメージ低下心配”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年8月19日)
  29. ^ 小林祐己(2000年8月25日). “再起へ地元応援 雪印製品…大樹全店、販売続けてます”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  30. ^ “広尾のフクハラるる店、リニューアルオープン”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社).(2014年11月1日)
  31. ^ a b “福原、8年5月期決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年8月5日)
  32. ^ “北海道地区新春特集:道内スーパー出店計画一覧”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2004年1月31日)
  33. ^ “閉鎖店購入し出店加速”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (2002年3月16日)
  34. ^ a b “中園店跡に新店舗 福原 今秋、新装オープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2011年5月20日)
  35. ^ “北海道釧路市 中園SC SMの福原ドラッグのツルハなど4棟構成”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2011年6月13日)
  36. ^ a b c d e “福原、9年5月期中間決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年1月31日)
  37. ^ “北海道新春特集:2011年道内スーパー出店戦略 釧路への進出目立つ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年1月29日)
  38. ^ “プラザ摩周24日閉店 フクハラの新店舗に 小売店競争激化も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年8月16日)
  39. ^ “フクハラ 厚岸店きょうオープン 商店街との競争必至”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年10月26日)
  40. ^ “市街地の「顔」に別れ 中標津 東武 移転セールにぎわう”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年6月13日)
  41. ^ “中標津・東武旧店舗 跡地活用 進展せず 月末から解体工事 空洞化対策急務に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年10月15日)
  42. ^ “フクハラ開店 買い物客行列”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年4月27日)
  43. ^ a b c “福原、既存店3店閉店へ/釧路”. 釧路新聞 (釧路新聞). (2011年3月26日)
  44. ^ a b c “福原、10年5月期中間決算”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年2月4日)
  45. ^ “フクハラ中央店20日閉店 中央部空洞化受け”. 十勝毎日新聞社 (十勝毎日新聞社). (2013年1月11日)
  46. ^ “帯広・フクハラ中央店閉店へ 売上高減で効率化図る”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年1月12日)
  47. ^ a b “帯広で店舗相次ぎ閉店”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (1997年5月13日)
  48. ^ “スーパーアークス19日開業 北見・桜町店 道東初の市街地型DS”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年11月12日)
  49. ^ 『アークス 平成25年2月期 決算短信』 アークス、2013年4月12日。
  50. ^ “複合商業施設「946」きょう開業 長崎屋釧路店跡 周辺住民ら期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年9月6日)
  51. ^ “スーパー道内大手 フクハラが新店舗 アベニュークシロ1階 グリーンキャロット跡 来年2月 北大通の活性化期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年12月26日)
  52. ^ “アベニューのフクハラ閉店 SC開業で方針 「競合店相次ぎ」併存断念 “買い物難民”懸念 後継店探し急務”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2011年3月19日)
  53. ^ “福原、恵庭にも出店”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (1994年1月8日)

外部リンク[編集]