フクギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フクギ
Garcinia subelliptica (200703).jpg
フクギ(沖縄県今帰仁村、2007年3月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キントラノオ目 Malpighiales
: フクギ科 Clusiaceae
: フクギ属 Garcinia
: フクギ G. subelliptica
学名
Garcinia subelliptica Merril (1908)
英名
Common garcinia

フクギ(福木、学名Garcinia subelliptica)はフクギ属の常緑高木。

概要[編集]

樹高は10-20m。は対生で、長楕円形または卵状楕円形で長さ8-14cm。雌雄異株で、期は5-6月。1.5cmほどのクリーム色の5弁花を葉の付け根に咲かせる。果実は直径3cmほど、3-4個の種子を含む液果で黄色く熟し、クビワオオコウモリ等のオオコウモリ類の餌となる。

フィリピンに分布し[1][2]台湾ではフィリピンと同じ生物圏に属する台東県蘭嶼緑島に分布する他、台湾本島にも移入され、植栽されている。日本では沖縄県奄美群島等で防風林防潮林として植栽されている。日本のものは帰化(移入)とされている[3]が、八重山諸島石垣島西表島与那国島)には自生個体もあるという見解もある[1][4]

用途[編集]

フクギは並べて植栽すると緑の壁のようになり、防風林防潮林となる。沖縄県の本部町備瀬の「備瀬のフクギ並木」や久米島町真謝の「チュラフクギ」(「チュラ」は「美しい」、「清らか」の意味)などが有名である。奄美方言の地方名では「火事場木」を意味するクヮジバギといい、緑の壁のように植えておくと隣家の火事による延焼を食い止められるとされる。

近縁種[編集]

「果物の女王」と呼ばれるマンゴスチンG. mangostana)も同属だが、フクギは食用にはされない。

テリハボクCalophyllum inophyllum)も植栽に利用され、外見がよく似ており混同されやすいが、テリハボクの方が葉脈がはっきり見える。

脚注[編集]

  1. ^ a b 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧【改訂版】』 九州大学出版会、1997年、207頁、ISBN 4-87378-522-7
  2. ^ 大野照好監修・片野田逸郎著 『琉球弧・野山の花 from AMAMI』 株式会社南方新社、1999年、93頁、ISBN 4-931376-21-5
  3. ^ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ 初島住彦・天野鉄夫 『増補訂正 琉球植物目録』 沖縄生物学会、1994年、132頁、ISBN 4-900804-02-9

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大野照好監修・片野田逸郎著 『琉球弧・野山の花 from AMAMI』 株式会社南方新社、1999年、93頁、ISBN 4-931376-21-5

外部リンク[編集]