フォール・リバー (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bremerton.gif
艦歴
発注 1942年7月9日
起工 1943年4月12日
進水 1944年8月13日
就役 1945年7月1日
退役 1947年10月31日
除籍 1971年2月19日
その後 1972年8月28日にスクラップとして売却
性能諸元
排水量 13,600 トン
全長 674 ft 11 in
全幅 70 ft 10 in
吃水 20 ft 6 in
機関 ゼネラル・エレクトリック式ギアード・タービン、 120,000 shp (89 MW)、4軸推進
最大速 33 ノット (61 km/h; 38 mph)
乗員 士官、兵員1,142名
兵装 8インチ砲9門、5インチ砲12門
搭載機

フォール・リバー (USS Fall River, CA-131) は、アメリカ海軍重巡洋艦ボルチモア級重巡洋艦の10番艦。艦名はマサチューセッツ州フォール・リバーに因む。

艦歴[編集]

フォール・リバーは1943年4月12日にニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で起工し、1944年8月13日にアレクサンダー・C・マレーフォール・リバー市長夫人によって進水する。1945年7月1日にD・S・クローフォード艦長の指揮下就役した。

1945年10月31日にフォール・リバーはノーフォークに到着し、1946年1月31日まで実験開発のための巡航を行う。フォール・リバーは第1統合任務部隊 (Joint Task Force 1, JTF 1) に配属され、クロスロード作戦に参加する。この任務の準備のため、フォール・リバーはカリフォルニア州サンペドロへ向かい、2月16日から3月6日まで旗艦設備の増設が行われた。3月17日に真珠湾に到着し、司令官のF・G・ファーリオン少将が座乗する。部隊は5月21日から9月14日までマーシャル諸島で活動した。

西海岸で訓練を行った後、フォール・リバーは1947年1月12日から6月17日まで第1巡洋艦隊の旗艦として極東に展開する。任務完了後ピュージェット・サウンド海軍造船所に戻り、1947年10月31日に予備役となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]