フォーミュラ・BMW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW ADAC 2006

フォーミュラBMW(フォーミュラビーエムダブリュー)は、入門フォーミュラカーレースジュニア・フォーミュラ)の一カテゴリーである。

概要[編集]

フォーミュラBMW選手権は、世界から優秀な若手の発掘を目的として、イギリスドイツde:Formel BMW ADAC) 、アメリカアジアで各シリーズが行われており、12月には各シリーズのチャンピオンを集めて、「フォーミュラBMW・ワールドファイナル」(世界一決定戦)が開催される。このレースの優勝者にはF1テストドライブの機会が与えられる。

アジアシリーズは、AFOS(アジアン・フェスティバル・オブ・スピード)に組みこまれており、日本では2004年オートポリスでレースが開催されたことがある。

マシン[編集]

マシンはワンメイクで、BMW二輪K1200RSに搭載されていた直列4気筒1,200cc(140英馬力/9250rpm)のエンジン、カーボンモノコックのシャシー、シーケンシャル6速のトランスミッションなどで構成される。車両重量は450kg(全長3950mm・全幅1740mm・全高980mm)。

卒業生[編集]

ニコ・ロズベルグニコ・ヒュルケンベルグクリスチャン・クリエンティモ・グロック等がこのシリーズの卒業生である。特に2003年から2004年にかけて参戦したセバスチャン・ベッテルは2004年シーズンに20戦中18勝、ポールポジション14回、ファステストラップ13回、全戦表彰台という圧倒的な成績でチャンピオンとなった。アジアシリーズには日本人も参加しており、過去の代表的な参加者としては井原慶子らがいる。

関連項目[編集]