フォート・デトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォート・デトリック
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州フレデリック
USAMRIID3.jpg
フォート・デトリックにあるアメリカ陸軍感染症医学研究所のダン・クローザー・ビルディング
建設 1931年 (1931)

座標: 北緯39度26分08秒 西経77度25分38秒 / 北緯39.4356度 西経77.4272度 / 39.4356; -77.4272

フォート・デトリックFort Detrick)とは、アメリカ合衆国メリーランド州フレデリックにある、アメリカ陸軍の医学研究施設である。アメリカ軍における生物兵器の使用や防護に関する研究の中心拠点となっている。

沿革・概要[編集]

「エイトボール」と作業員、1968年頃
「エイトボール」底部、1969年

フォート・デトリックの歴史は、1929年、当地にフレデリック空港が建設されたことに始まる。第一次世界大戦で活躍したアメリカ陸軍少佐で医師のフレデリック・デトリック(en:Frederick Detrick)をたたえて、1931年デトリック・フィールドに改称された。1943年、航空センター業務が廃止され、アメリカ合衆国連邦政府は用地を拡張、キャンプ・デトリックと改称されてアメリカ陸軍の生物兵器研究施設になった[1]1956年、一時的でなく恒久的な施設となり、以来現在の名称でよばれている[2]

フォート・デトリックでは、1943年から1969年にかけて、アメリカ合衆国生物兵器プログラムen:United States biological weapons program)の中心施設として生物兵器の開発や実験、生産が行われた。1946年頃から旧日本軍の731部隊による実験資料が持ち込まれたとされる。

最初の本格的な活動は炭疽菌の大量培養で、次いでブルセラ菌野兎病菌の培養のための建物が建設された。1943年8月から1945年12月までに、ハツカネズミ60万頭・モルモット3万頭・サル166頭を含む17種類の動物が使用された[2]


1950年、容量1000m3の球形の大型実験設備「エイトボール」(8-Ball、en:One-Million-Liter Test Sphere)が完成、野兎病菌を詰めた爆弾の最初の実験が行われ、次いで炭疽菌の実験が行われた。2000頭のアカゲザルがこの実験に用いられた[2]

1969年以降はアメリカ陸軍感染症医学研究所(USAMRIID、「ユーサムリッド」と発音)が設置され、対生物兵器・生物テロの防護研究を行っているとされる。同研究所は、バイオセーフティーレベル4の高度な設備を持ち、世界的にも知られている。防護研究用として、現在でも少量の生物兵器が配備されている。

1964年に書き下ろされた小松左京SF小説復活の日」で引用され、1969年にはマイケル・クライトンが「アンドロメダ病原体」を発表。1971年の映画「アンドロメダ…」に出てくる地下研究施設のモデルとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]