フォーキア郡 (バージニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バージニア州フォーキア郡
Fauquier County Courthouse.jpg
ウォーレントン町にあるフォーキア郡庁舎
フォーキア郡の位置を示したバージニア州の地図
郡のバージニア州内の位置
バージニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1759年
郡名の由来 フランシス・フォーキア
郡庁所在地 ウォーレントン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,686 km2 (651 mi2)
1,683 km2 (650 mi2)
5 km2 (2 mi2), 0.26%
人口
 - (2010年)
 - 密度

65,203人
40.4人/km2 (105人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.fauquiercounty.gov

フォーキア郡: Fauquier County/fɔːˈkɪər/)は、アメリカ合衆国バージニア州の北部に位置するである。2010年国勢調査での人口は65,203人であり、2000年の55,139人から18.3%増加した[1]郡庁所在地ウォーレントン町(人口9,611人[2])であり、同郡で人口最大の町でもある。

フォーキア郡はワシントン大都市圏に属している。バージニアのワインと馬の中心地であり、農業の歴史が豊富で、現在も残っている。2011年時点で、アメリカ国内では収入の高い郡第8位になっている[3]

歴史[編集]

フランシス・フォーキアの肖像画、郡名の由来となっている

フォーキア郡となった地域にヨーロッパ人が入ってきた時、スー語族マナホーク族の中の小部族ウォンケンティア族が住んでいた。1670年頃にイロコイ連邦のセネカ族に追い出された。セネカ族はこの地域に定住しなかった[4]。1697年から1699年の短期間コノイ族がザ・プレーンズに入っていた。イロコイ連邦の6部族は1722年のオルバニー条約でフォーキアを含む全地域をバージニア植民地に譲渡した。

フォーキア郡は1759年5月1日にプリンスウィリアム郡から分離して設立された。郡名は当時バージニア植民地副総督だったフランシス・フォーキアに因んで名付けられた。フォーキアは伝説に拠ればポーカーで土地を取得したと言われている。

郡内で起きた南北戦争の戦闘としては、第一次ラッパハノック・ステーションの戦い、サラフェアギャップの戦い、ケリーズフォードの戦い、アルディーの戦い、ミドルバーグの戦い、アッパービルの戦い、第一次と第二次オーバーンの戦い、バックランドミルズの戦い、第二次ラッパハノック・ステーションの戦いがあった。

フォーキア郡は2009年に、年間を通じた行事で創設250周年を祝った。最初は2月にアフリカ系アメリカ人歴史協会が黒人歴史月間を祝った。5月1日、メインストリートを招待客や住民が埋め、歴史家、実演、芸能、コンテスト、参加型行事、講義、子供のコーナー、生演奏などの娯楽を楽しむグランドイベントとなった。フォーキア食品分配同盟がバースデーケーキを積み上げ、配った。南軍の戦場跡など歴史探索ツアーがあった。地元の多くの教会が帰郷の催しで参加した。この祭りは12月31日のファーストナイト・ウォーレントンで終わった。この家族向け行事ではミュージカル公演、人形劇と奇術が出た。

地理[編集]

デラプレーン近くの風景

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は651平方マイル (1,686.1 km2)であり、このうち陸地650平方マイル (1,683.5 km2)、水域は2平方マイル (5.2 km2)で水域率は0.26%である[5]

主要高規格道路[編集]

  • I-66.svg 州間高速道路66号線
  • US 15.svg アメリカ国道15号線
  • US 17.svg アメリカ国道17号線
  • US 29.svg アメリカ国道29号線
  • US 50.svg アメリカ国道50号線
  • US 211.svg アメリカ国道211号線
  • Virginia 28.svg バージニア州道28号線
  • Virginia 55.svg バージニア州道55号線
  • Virginia 245.svg バージニア州道245号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1790 17,892
1800 21,329 19.2%
1810 22,689 6.4%
1820 23,103 1.8%
1830 26,086 12.9%
1840 21,897 −16.1%
1850 20,868 −4.7%
1860 21,706 4.0%
1870 19,690 −9.3%
1880 22,993 16.8%
1890 22,590 −1.8%
1900 23,374 3.5%
1910 22,526 −3.6%
1920 21,869 −2.9%
1930 21,071 −3.6%
1940 21,039 −0.2%
1950 21,248 1.0%
1960 24,066 13.3%
1970 26,375 9.6%
1980 35,889 36.1%
1990 48,741 35.8%
2000 55,139 13.1%
2010 65,203 18.3%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 55,139人
  • 世帯数: 19,842 世帯
  • 家族数: 15,139 家族
  • 人口密度: 33人/km2(85人/mi2
  • 住居数: 21,046軒
  • 住居密度: 13軒/km2(32軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 26.8%
  • 18-24歳: 6.4%
  • 25-44歳: 30.3%
  • 45-64歳: 26.0%
  • 65歳以上: 10.5%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.7
    • 18歳以上: 95.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 36.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 63.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.6%
  • 非家族世帯: 23.7%
  • 単身世帯: 18.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 6.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.75人
    • 家族: 3.14人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 61,999米ドル(2011年では93,762米ドル[6]
    • 性別
      • 男性: 45,484米ドル
      • 女性: 31,738米ドル
  • 人口1人あたり収入: 28,757米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 5.4%
    • 対家族数: 3.7%
    • 18歳未満: 4.7%
    • 65歳以上: 8.7%

フォーキア郡は田園と農業地帯である。幾らか工業があるが、最大雇用主は郡政府と病院である。2000年国勢調査で、住人の47%が郡外に就職していた。

[編集]

法人化自治体[編集]

未編入の町[編集]

  • エアリー
  • ビールトン
  • ベルミード
  • ベルボア
  • ブリスターズバーグ
  • ブロードラン
  • カルバートン
  • カサノバ
  • カトレット
  • デラプレーン
  • エルクラン
  • ジャーマンタウン
  • ゴールドバイン
  • ハーフウェイ
  • ヒューム
  • リンデン
  • マーカム
  • ミッドランド
  • モリスビル
  • ニューボルチモア
  • オールドタバーン
  • オパール
  • オーリアン
  • パリス
  • レクタータウン
  • サマービル
  • サマーダック
  • アッパービル

教育[編集]

高校[編集]

  • フォーキア高校
  • リバティ高校
  • サウスイースタン・オールターナティブ・スクール
  • ケトルラン高校[7]
  • マウンテンビスタ・ガバナーズスクール

高等教育機関[編集]

  • ロードフェアファックス・コミュニティカレッジ
  • ソープ・ハウス成人学習センター

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Fauquier County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Warrenton, Virginia - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Top 100 counties - Median household income, 2011
  4. ^ Swanton, John R. (1952), The Indian Tribes of North America, Smithsonian Institution, pp. 61–62, ISBN 0-8063-1730-2, OCLC 52230544, http://books.google.com/?id=vtHI5pkJOGMC 
  5. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  6. ^ American FactFinder
  7. ^ Kettle Run High School
  8. ^ Who Was Who in America, Historical Volume, 1607-1896. Chicago: Marquis Who's Who. (1963). 

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度44分 西経77度49分 / 北緯38.74度 西経77.81度 / 38.74; -77.81