フォルトゥナート・ケッレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルトゥナート・ケッレリ(Fortunato Chelleri, 1690年 - 1757年12月11日)は、イタリア作曲家

生涯[編集]

パルマ出身。両親の死後、ピアチェンツァの音楽家であった叔父のフランチェスコ・マリア・バッツァーニから音楽教育を受けた。1708年からオペラ作曲を始め、フィレンツェアンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチをはじめとして、バルセロナヴェネツィアの貴族に仕えた。1722年よりバンベルクヴュルツブルクの領主司教ヨハン・フィリップ・フランツ・フォン・シェーンボルンの宮廷の宮廷楽長に就任した。1725年に領主司教が死去すると、ヘッセン=カッセル方伯カールの宮廷の宮廷楽長となった。1732年から1734年までカールの子で、スウェーデン王となっていたフレドリク1世ストックホルムの宮廷楽団で活動した。その後ヘッセン=カッセルに戻り、フレドリク1世の弟のヴィルヘルム8世の宮廷楽団に死去するまで仕えた。

イタリア時代には主にオペラを作曲していたが、ドイツとスウェーデンではオラトリオなどの宗教音楽や『弦楽と通奏低音のためのシンフォニア変ロ長調』などの器楽曲を残している。

参考文献[編集]

  • Arrey von Dommer: Chellery, Fortunato. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 4. Duncker & Humblot, Leipzig 1876, p. 114 (in German).
  • A.Della Cortenel e G.M.Gatti: Dizionario di musica, ed. Paravia & C., Torino, 1956, p. 130 (in Italian)
  • Russell, Tom; Churgin, B.; Moore, D. (June 1985). Johnson, J.. ed. Antonio Brioschi 1725-50/Fortunato Chelleri 1690-1757/Antonio Sacchini 1730-86/Gaetano Pugnani 1731-1798 (Series A, Volume 3 ed.). Taylor & Francis. ISBN 0-8240-3858-4. 

外部リンク[編集]