フォルスマルク原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルスマルク原子力発電所
フォルスマルク原子力発電所3号機
フォルスマルク原子力発電所の位置(スウェーデン内)
フォルスマルク原子力発電所
フォルスマルク原子力発電所の位置
正式名称 Forsmarks kärnkraftverk
スウェーデン
所在地 ウプサラ県
座標 北緯60度24分12秒 東経18度10分00秒 / 北緯60.40333度 東経18.16667度 / 60.40333; 18.16667 (フォルスマルク原子力発電所)座標: 北緯60度24分12秒 東経18度10分00秒 / 北緯60.40333度 東経18.16667度 / 60.40333; 18.16667 (フォルスマルク原子力発電所)
運転開始 1980年
運営者 バッテンフォール
テンプレートを表示

フォルスマルク原子力発電所Forsmark Nuclear Power Plant)はスウェーデンウプサラ県にある原子力発電所である。バッテンフォール社が操業を行っている。

発電設備[編集]

1号機[編集]

  • 原子炉形式:沸騰水型原子炉(BWR)
  • 運転開始:1980年12月10日
  • 定格電気出力:97万キロワット

2号機[編集]

  • 原子炉形式:沸騰水型原子炉(BWR)
  • 運転開始:1981年7月7日
  • 定格電気出力:97万キロワット

3号機[編集]

  • 原子炉形式:沸騰水型原子炉(BWR)
  • 運転開始:1985年9月1日
  • 定格電気出力:115.5万キロワット

過去の主なトラブル[編集]

チェルノブイリ原子力発電所事故とフォルスマルク原子力発電所[編集]

本発電所は、発生当時ソ連西側各国にひた隠しにしていたチェルノブイリ原子力発電所事故の発生を、西側の原子力施設として最初に察知した施設でもある。

1986年4月27日、本発電所の作業員の衣服に放射性の粒子が付着していた。核種特定の結果、これが本発電所に由来したものではなく、RBMKにおいて発生するものと特定された。その為、ソ連もしくは東欧の社会主義圏内で原子力事故が発生したものと推測された。チェルノブイリから、本発電所の所在地までは、約1,100kmの距離である。

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「フォルスマルク原子力発電所」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ