フォルケホイスコーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルケホイスコーレは民衆の民衆による民衆のための教育機関。デンマークのニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィが理念的なものを提案し、実際にはクリステン・コルが創始した学校である。成人教育機関の一種でデンマークの民主主義普及に大きく貢献した功績がある。日本とデンマークでは教育システムが異なるので単純に比較はできないが、日本でいう大学の位置づけにある学校組織である。しかし大きな総合大学(ユニバーシティ)というよりはちいさな単科大学(カレッジ)に近い。

特徴[編集]

地域により多様性があるが共通点は以下の5つ。

  • 学習科目の多様性
  • テストの廃止
  • 学生の自律的学習の促進
  • 国家や外部に支配されない独立した教育内容
  • 数ヶ月から1年のコース

基本概念[編集]

  • 死んだ文字より生きた言葉―書物を利用した学習より、人間と人間による対話を重視する
  • 学内平等―学生は指導者から学ぶが指導者もまた学生から学ぶ、立場に高低なし
  • 地域とのつながりを重視―ファンドとなれば地域住民も学校運営に関わることができる
  • 万人が指導者になれる―資格より経験を重視

日本のフォルケホイスコーレ[編集]

本家デンマークのものとは差異があるが、共生社会でなく競争社会である日本の現実社会の中で実現する必然性からのもので日本版フォルケホイスコーレに分類される教育の場を以下に記す。

出典[編集]

清水満『生のための学校―デンマークで生まれたフリースクール「フォルケホイスコーレ」の世界』