フォルクマール・アンドレーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォルクマール・アンドレーエVolkmar Andreae, 1879年7月5日 - 1962年6月19日)は、スイス指揮者作曲家

略歴[編集]

ベルンに生まれ、カール・ムンツィンガーに作曲とピアノを師事し、1897年から1900年までケルン音楽院でフリッツ・ブリュンやフランツ・ヴュルナーに師事。1900年から1年間ミュンヘン宮廷歌劇場コレペティトールを務めたあと、チューリヒの混声合唱団とヴィンタートゥールの声楽家協会の監督を務め、1904年からはチューリヒ男声合唱団の指揮者を務めた。

1906年から1949年まではチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の首席指揮者を務めた。1914年から1941年まではチューリッヒ音楽院の院長を務め、また同じく1914年から1925年まではチューリッヒ大学でも教鞭をとり、1915年には音楽学部長も務めている。1920年からはスイス音楽家協会の会長を務め、1925年には名誉会長になった。1923年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とイタリア演奏旅行をし、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団からはニコライ記念章を贈られ、終身客演指揮者として迎えられた。

ブルックナーの解釈者として名高いが、ストラヴィンスキーヒンデミットといった近現代の作曲家も取り上げる。

作曲活動も活発に行っていたが、作品の多くは合唱団との関わりで生まれたものが多く、合唱曲が多数を占めるという。演奏活動や教授活動が忙しくなるにつれ、作曲活動を行わなくなっている。

チューリヒで亡くなった。

作品[編集]

  • 歌劇『ラトクリフ』(1914年
  • 歌劇『カサノバの冒険』(1924年

外部リンク[編集]

先代:
フリードリヒ・ヘーガー
チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
音楽監督
1906年 - 1949年
次代:
エーリヒ・シュミット