フォルクスワーゲン・ラヴィーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルクスワーゲン・ラヴィーダ
フロント
Volkswagen lavida pg0 front 2009.JPG
リア
Volkswagen Lavida (1st generation).jpg
販売期間 2008年-
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 直4 1.4L DOHC 16V TSI 131 PS (96 kW; 129 hp)
直4 1.6L 16V 105 PS (77 kW; 104 hp)
直4 2.0L 120 PS (88 kW; 120 hp)
変速機 6速ティプトロニック
5速MT
駆動方式 FF
全長 4,608mm
全幅 1,743mm
全高 1,465mm
ホイールベース 2,610mm
プラットフォーム フォルクスワーゲン・PQ34プラットフォーム
-自動車のスペック表-

フォルクスワーゲン・ラヴィーダVolkswagen Lavida、中国名:朗逸)は上海フォルクスワーゲン(上海VW)が中国市場向けに製造・販売している小型セダンである。

2008年の北京モーターショーで発表されたラヴィーダは2006年の北京モーターショーに出展されたNeeza(コンセプトからボディデザインのテーマの多くを取り入れている。ラヴィーダは中国の合弁パートナーが開発を主導した最初の量販VW小型車として認識されている。フォルクスワーゲン・PQ34プラットフォームをベースとしており、(中国では一汽VWが製造する)ジェッタ/ボーラMk4とは兄弟関係にあたる。エンジンは当初1.6Lまたは2.0Lの2種類が用意された。

2009年の上海モーターショーで上海VWはラヴィーダ1.4 TSIスポーツを発表した。一汽VWのサギターTSI(ジェッタMk5)と共通のエンジンを搭載する。上海VWはまたラヴィーダのブルーモーションコンセプトも出展したが、こちらは市販が予定されていない。

2010年、上海VWは北京モーターショーにてe-ラヴィーダコンセプトを出展した。VWのEV世界戦略の一環である。

2011年には1.4 TSI車が新たに2グレード設定され、いずれも5速マニュアルまたは7速DSGが用意された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]